FC2ブログ

2012 夏

昨日からようやく強い太陽が照り始めた。今年初めてかな?
梅雨の雲に隠されていたが、とっくに真夏の太陽だ。暑いというより、日差しが「痛い」。
ゴーヤの葉も今年初めて、昼の日差しで「シワシワ」になった。
早くも黄色くなった葉は「パリパリ」に乾いてしまう。
今年は雨が多すぎたせいか、風が強すぎたせいか、「葉の黄色くなるのが早い」という声が多い。
確かに私もそう思うけど、ま、気にすまい。葉っぱが枯れても、実が付けばいい。
それよりも気になるのは、高3の受験準備。はあ~・・・例年よりも大変だ。
・・・そうじゃないな、一昨年のシュウヘイやケンタ達「桃山勢」と去年の康太。
こちらが「異常に高いレベル」だっただけで、今年の方が「普通」かもしれない。
8月の授業で理系・文系共に高校の全範囲を終えたいが、9月いっぱいかかるかも。
去年のユウカやユウスケと同じで、「センターではどうか?2次の対策は?」と、
細かく気を使わなくてはならない。「ギリギリの争い」になりそうだからだ。
私立もそうだが、ましてや国立大学は「数学だけ」で合格できるものではない。
英語・国語・理科・社会のバランスが必要だ。それが生徒にはなかなかわからない。
数Ⅱまでの復習と数Ⅲのまとめ、国語の対策、英語は?理科・社会は?
いっそ私立の「3教科」に絞らせるべきか?考えることは多い。
勝手に生徒に任せていたら、理科や社会なんて全く間に合わないですよ。
「センターの数学」でも安心できるのはモトイとコウヘイくらいで、
シュウヘイはもう少し鍛えないといけないし、あとの8人はこのままでは「惨敗」しそう。
そうさせてはならないからバシバシお尻を叩くが、数学だけではだめだもんね。
ま、レベルが上がれば上がったで、そうなると生徒は大学のレベルも上げるから、
どうしたって全員「ギリギリ」にはなる。受験って、そういうもんだから。
この7月・8月の「準備の仕方」で、その子の「9月以降」が相当に変わってくる。
京大の文系・数学と理系・国語のプリントを作った。
どちらも解説が詳しく、大量に読まなくてはならないが、その分「まとめ」には最適だ。
1冊ずつホッチキスで止めるのも大変だが、今のうちにさせなくてはならない。
バテてしまわないように、昨日から初めて、職員室もエアコンをつけた。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

河原

Author:河原
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR