FC2ブログ

ゆっくりの効用

小6の前期授業はあと2回でおしまい。8月は全部休んで、後期は9月3日からだ。
この一ヶ月間「速さ」に関することばかりやっていて、あと2回もそればかり。
もうこれ以上なく「じい~~~~~くりと」取り組んでいる。
おかげでずいぶん皆が「速さ」になじんできましたよ。
中学・高校の授業もこうありたいけれど、なかなかそうはいきませんねえ。
昨日のテーマは「18.6㎞を秒速0.3mで行くと、どれくらいの時間がかかる?」だ。
「時間=距離÷速さ」の公式だけだと、平気で18.6÷0.3にしちゃいますよ。
オイオイ待てよ、長さの単位が違いますよ。単位を揃えることでも小6では戸惑ってしまう。
しかもこの問題、秒速3mならまだいいんだけど、0.3だからさらに難しい。
私でも抵抗ありますよ、1より小さい小数や分数で割り算するのは。
そういう素朴な難しさを、十分に味あわせておきたい。
一ヶ月前はまるで手が出なかったけれど、ほとんどの子が出来るようになった。
とりあえず18600÷0.3=62000秒・・・・!
「先生、出来ました!」
「は?62000秒?いったいどれくらいの時間だ?先生バカだからようわからん。
 普通の言い方に直してくれ」
「・・・・・・・・・・」
これも小学生にとっては大変な作業だ。
中学1年生くらいの子供がいたら、試しにやらせてみてください。真面目な子ほど出来ませんよ。
62000÷60で分を計算するけど、こんなに0があると、「計算の仕方」では0を一つ消して、
6200÷6として「やりなさい」と、小学校では「指導」される。
「割り切れませ~ん」とか、「余り2秒」とする子がほとんどですよ。
これを「1033分20秒」と正解させるまでに、どれほどの工夫と説明がいることか・・・
さらに時間にも直して、完全正解は「17時間13分20秒」。
そう、速さの単元って、そういう複雑さがたくさんあるんだよね。
あと2回、そんなことのまとめと「国語」をゆっくりやって、前半を終えよう。
雨ばかりだったせいか、ゴーヤの実の成長が遅い。3週間経っても20センチだ。
けれど、もう食べちゃう。「ゴーヤ三昧の日々」は、すでに始まっている。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

河原

Author:河原
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR