FC2ブログ

ルイジアナ・ママ

土曜日は久しぶりに家族4人でお出かけ。目的地は京田辺の農場。
今年も「黒枝豆オーナー」になるのだ。苗を植え付ける日だ。
朝10時に現地集合で、毎年の説明があり、畑へ行くと苗を5株渡してくれる。
畑の上にはひもが渡してあり、名札がかかっている。そこに植えるのだ。
入り口で50センチの竹を受け取る。その長さだけ苗の距離を取る。
2~3日雨はなく、畑は乾燥していて足元を気にしなくて良かった。
日曜にも植え付けはあったけれど、大雨の中では大変だったろう。
家から持ってきたスコップで康太が穴を掘り、私が苗を埋めて、真子が水をまく。
農夫のおじさんが「深めに植えてくださいね」という。
秋には1メートルほどに成長し、浅いと豆の重さで倒れることがあるらしい。
一口・5株で2500円。中には3~4口申し込む人もいる。1株500円は安いのだ。
もう「オーナー募集」の宣伝はしていない。リピーターで満員になるからだろう。
他にも「イチゴ・オーナー」や「スイカ・オーナー」もある。
ここで私は「スイカの難しさ」を思い知ったのだ。
それに比べると枝豆は放ったらかしで、10月には丸々とした「黒豆枝豆」が収穫できる。
かつては丹波まで買い出しに行っていた黒豆枝豆。これを知ると普通の枝豆は食えない。
大きさもおいしさも比べ物にならない。我が家の「秋の楽しみ」の一つだ。
作業は30分もかからず終了し、近くの店に昼ご飯を食べに行く。
「ルイジアナ・ママ」という、初めて行く店だ。大昔、アメリカの歌手が歌ったタイトルだね。
11時前に店につくと、大勢の人がすでに並んでいた。予約せずに来た人達だろう。
11時に店が開き、私達は予約席についた。
メニューを見るとメインはパスタ・ピザ・焼き立てパンのどれかを選び、
野菜などの副食とドリンクは飲み・食べ放題のバイキングだ。メインも野菜も種類は多い。
私と康太が2種類のピザを選び、女房と真子は2種類のパスタを選び、いざ、バイキングへ。
地元で採れるあらゆる野菜をイタリアンで味付けしている。どれもうまい!
これは「モクモク・ファーム」でもやっているバイキングで、お得感があり、楽しい。
ドリンクも牛乳・ジュース・ウーロン茶・コーヒーが数種類ずつあり、私はコーヒーを制覇した。
野菜料理をしこたま食べた後にメイン登場。これもボリュームがある。
食べきれるか不安になったが、ピザもパスタもとてもおいしい。見事完食!
これで一人1400円ほどだから、入り口には「1時間待ち」の長蛇の列だ。
予約席には二人連れ、3人連れの若い娘さんも食べていた。同志社大の学生かな?
5人とも「完璧な服装・完璧な髪形」でとてもかわいくて、「京大にはいない」と康太が言う。
・・・けれど・・・どの娘もAKBの「トモちん」そっくりで、「五つ子」にも見えてしまう。
それはともかく、こういう店がなぜ、木幡界隈にはないのだろう?
おじさん・おばさんもたくさんいたから、希望者がいれば「ランチ会」をやってもいいね。
いい店ほど誰にも教えたくはないけれど、楽しいランチが食べられるなら、それもいい。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

河原

Author:河原
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR