FC2ブログ

台風一過

結局このあたりはさほどでもなかったね。
豪雨でもなかったし、ゴーヤのネットはかなり揺らされたけど、
テレビで見る「人が吹き飛ぶ」ような風でもなかったし。
午前中に暴風警報が出されたので、中学・高校・大学ともお昼から帰って来た。
まずは高1のメイからの電話だ。
「教室も休みですよね?」「やりたいんだけどなあ」
「え!?暴風警報ですよ!やるんですか?」
メイの「必死な声」にたじたじとなり、高1は休みにした。
真子以外は全員莵道なので「携帯つながり」ですぐに連絡は回る。
けどなあ~~、結果的には授業出来たし、やりたかったね。
2次関数の「重要ポイント」に来てるし、期末テストも近いし・・・
ま、今度の土・日にでも補講を入れよう。
中学生はというと、家に帰らず、直接教室に「避難」してきた。ほぼ全員。
こうなると授業が出来る。通常通りに授業が出来た。
まよったのは7時半からの中3数学と高2の物理だ。
台風はどんどんスピードを上げてるし、これなら・・・
何人もの中3が打診してきたが「やる!」の一言。解の公式をきちんとやりたい。
「やっぱり中止?」やはりお昼から帰って来た康太も聞いてきた。
「いや、やるで」「え?すごい風やで?」「帰る頃にはやんでるわ」
結果はその通り。風も雨もなかった。
中3は2次方程式の「解の公式」と「平方完成の利用」を通して、「式の触り方」のまとめ。
ややこしいんですよ、分数式の扱いって。平方根や因数分解も統合されるし。
けれどだからこそ、通分や約分の「きちんとした理論」が、初めて認識される。
「え?分数は小学生だろ?」
そうだけど、小学生のころは形をまねているだけで、本当の理屈なんて分かっていない。
ところが文字を使った分数式になると、理論を理解しないと分数を触れなくなるんですよ。
だから「通分できない高校生・大学生」なんて、今でもごろごろいますよ。
2時間の授業で皆、その辺りの理論がずいぶんなじんできた。
理解の遅い子も混じってはいる。
それまでは親がかりで「暗記」させられてきたが、やはりそれではもう限界だ。
この半年は特に注意深く観察し、「教え過ぎないように」して、なるべく理論を追わせてきた。
以前は数字が変わるだけで「でたらめ」をやることもあったが、今は違ってきた。
計算速度自体は以前より遅いくらいだが、まだ間違いもするが、意識して理論をたどっている。
受験がどうなるかは心配だが、確かに少しずつ賢くなっている。
父ちゃんに蹴られ、私に「地獄へ落ちていけ~」と脅されたサチエは、
心底ビビったようで、高校生になって初めて勉強し始めている。康太に言わせると、
「このまま行けば6人とも、神戸大以上は狙えるんではないか」とのこと。
父ちゃんの「一蹴り」がこんなに効果があるのなら、代わりに私が100発ほども、蹴ってやろう。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

河原

Author:河原
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR