FC2ブログ

今年も摘心する

子供を育てるのと同じくらい、ゴーヤを育てるのも面白い。
暖かいのでメキメキと伸びている。黙っていても伸びるので、子供よりは楽だ。
ゴーヤの蔓が伸びると10㎝~15㎝間隔で節を作り、そこから葉っぱが出て、
同じところに次の蔓(子蔓)の芽と花芽を付ける。節ごとに同じようになる。
放っておいても下の方から次第に子蔓が伸びて来て、やはり節を作る。
最初の蔓(親蔓)が1mほどに伸びると、先の穂先を摘み取ってやる。それを「摘心」という。
摘心してやると親蔓は成長できず、代わりに子蔓が早く伸びるようになる。
そうすると何か得があるのかと言うと、それは定かではない。
摘心しないと親蔓がどんどん上へ伸びて、まず縦に長くなる。
摘心すると子蔓は四方八方に伸びようとするので、縦横にバランス良く伸ばすことが出来る。
どうやらそれだけの違いのようだ。摘心しなくても、最終的には全体に広がるのは同じだ。
実の収穫量にも定かな差はないらしい。私は「たまたま」毎年摘心している。
今年も1mほどに伸び、すでに子蔓が伸び始めていて「放っておいても同じか?」
と思ったが、やはり摘心した。子蔓の伸びが速まる。
横に伸びれば自分でネットを掴むが、前後に伸びると掴めない。
そう言うのはある程度伸びると曲げてやって、ネットをつかませてやる。
おやあ?この子蔓は親蔓の葉っぱに頭を押さえられて、先が「くの字」に曲がってしまった。
どうなるのかと思ったら、2日後には「ぐい」と立ち直って伸び始めた。
もう雄花も雌花もたくさん出て来ている。来週には花を咲かせるだろう。

今日は中2でひとり体験入学にやってくる。
時期的にも人数的にもギリギリだが、中1・中2・高1は、あと少しなら取れる。
我まま放題の子なら追い返して「それまで」だが、きちんと学ぼうとする子なら、
ゴーヤのように伸びて行ってくれれば、嬉しい。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

河原

Author:河原
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR