FC2ブログ

美味しい たこ焼き

日曜の昼ご飯は久しぶりに家でたこ焼き。うちにも「タコ焼き機」はあるんですよ。
康太が「たこ焼きが食べたい」といったからだが、どこで買って来ても美味しくない。
「いっそ、家で焼こう」ということになったのだ。
電熱器の上にたこ焼きプレートを置いて、温まったら生地をたっぷり注ぎこむ。
「あれ?ずいぶん黄色い生地だな?」
「レシピ通り作ったら、こんなに卵を入れるのか?ってくらいに、たくさん入れたから・・」
「へえ~~・・・」
すぐに切ったタコを一つずつ入れて、焼けて来ると竹串でひっくり返す。
コロン・コロンとしてとても面白い。
焼け色を見ると、市販のタコ焼きと「明石焼き」の中間くらい。
程よく焼けたぞ。ソースを付けて、鰹節を振りかけて、火傷しないようにかぶりつくと・・・
う・・・・うまい!!なんだこれ!店売りとは「別物」だぞ!
電熱器もけっこう火力は強いんだね。表面はパリッとして、、中はとろりとして・・・
卵をたっぷり入れたせいか、生地自体の味がいい。
そしてタコは・・・刺身で食えるタコだから「サクリ」と噛み切れて、うまみが全然違う!
これは・・・久しぶりに「ほんまもん」のたこ焼きですよ。
康太も真子も私も、奪い合うようにしてがつがつと食べる。ひとり10個なんて「ぺロリ」だね。
「え?もうない?もっと作ってよ」
もう・・店売りのたこ焼きなんて、食えないね。
生地は「素の小麦粉」だし、タコは硬いだけで味がないし・・・
アツアツを「ソースの味」で食べちゃうからそうなるんだろうけど、
少しくらい高くなっても、どうしてこういう風に作らないのだろう?
素人が家で「数倍美味しく作る」なんておかしいだろ?
卵なんて安いものだし、タコだってどれほどの値段差があるのだろう?
これじゃあ「本物の味」は、誰も知らなくなるね。
たこ焼きも、数学も・・・・・・

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

河原

Author:河原
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR