FC2ブログ

中間テスト

木幡中は今日から中間テスト。だから今日の中1・中2の授業はお休みだ。
「テスト対策は、やらないの?」
やりません!うちでは。「点取り」って、自分でやるものでしょ?
だからうちの生徒達は自分でやってますよ。
来週は高校生の中間テストもあるから、連日フリースペースは満員状態。
中2のモモカとサリは毎日4時前に一番乗りだ。
昨日はそれにミサヤも加わり勉強していたのに、次第に増えた高校生に押し出され、
階段下の長椅子の上で問題集を広げている。
「ミサヤ、サリ、今日は2階の部屋が全部空いてるから、どれでも使いな」
「はい」
どこか遠慮しているのか、思いつかなかったのか。
でもそうやって「教室の使い方」を覚えて行くのだろう。
高2くらいになると職員室の本棚から問題集を引っ張り出して来て、勝手にコピーし、勝手に解いている。
サチエは日本史の問題集をコピーしている。理科系で日本史は珍しい。
「最近、理科と数学がやばいし・・・」
それは単に「勉強不足」なだけだって。
4人いる京教の生徒はカンタローだけが「下上がり」
他の3人は中学時代に「優秀だった」わけだけど、まだその才能だけで「切れる」と思っているところがある。
それに対し莵道勢は、
「俺たちゃあ出来なかったし、莵道は“並みの高校”だし、今勉強しないとどうしようもない」
その気持ちの差が昨日の数列の授業に端的に現れてしまった。
数列のまとめで、総合的に判断しなくてはならない「群数列」の授業だった。
京教では今回の試験範囲でもあり、学校の授業は終了している。
それに対し桃山・莵道・東宇治高校は、学校ではまだ数列に入ってもいない。ところが・・・
確かに今まで積み上げた理論を総動員しなくてはならず、ややこしいがその分、面白いはず。
私はいつもとは順番を変えて、最初に一般的な「難問」を例題にし、捉え方・考え方の解説をし、
その後から部分的な基本問題に入って行った。
がっちりと問題を捉え、解き進めるのは桃山・莵道・東宇治であり、
戸惑うのはカンタロー以外の京教3人・・・なんなんだこりゃ?!
トモトなんか1行も考察出来ない。サチエ・メイミ・トモトに右フックをお見舞いする。
「だって・・・学校の説明は訳がわからないし・・・」
いいや!ハングリーさが足りていないと思うけどね!
私が帰る9時45分にはナナセ達高3の姿もあり、やはり満員。
いったい何時までいたのだろう?
「へ?教師が先に帰るの?教室の管理は?」
生徒が勝手に管理してます。だって「自分ち」を家族で管理するのは当然でしょ?
フリースペースには紙で折った小さな入れ物がいくつも置かれている。
「消しゴムかす入れ」と書かれている。
かすが散乱するのを防ごうと、生徒の誰かが作ったのだろう。私じゃあない。
それが教室の、今の管理状態だ。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

河原

Author:河原
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR