FC2ブログ

中学と高校の違い

「中学の数学はよくわかったんだけど、高校からはさっぱり。難しくなったんだよねえ」
ほとんどの人がそういう感想を持っている。
けれどそれは「難しくなった」と言うより、「やることが変わった」ことが原因だ。
小・中学では「九九を覚える」「分数の約束を覚える」などが代表であり、
今日の中2の授業では「連立方程式の処理の仕方を覚える」をやる。
基礎演算だからどうしたって「覚えること」が多いし、それはそれで必要なことだし、仕方がない。
それが高校になると様変わりをしてしまう。
中学までにはなかったもの。「場合分け」がそれだ。
中学までは「場合を分けて」ということが基本的にない。
「分数の場合はこうしなさい」「小数の場合はこうしなさい」と、
すでに場合分けされた中でその処理方法を覚えて行く。
ところが高校からは自分でその場合分けをやらなくてはならなくなる。
やることが変わってしまうわけで、多くの高1は戸惑うし、
「こんなの数学じゃないじゃん!」と思ってしまう子もかなりたくさんいるだろう。
「公式を覚えること」が数学だと思っているからだ。その意識はそう簡単には打ち崩すことが出来ない。
高校でまず出てくるのは「絶対値を外す」だ。
中学では|-3|=3と、「マイナスを取るだけ」と思っている子がほとんどだ。
ところが高校では|a|と、中身を文字にされてしまうし、すぐに|4x-1|などと多項式になる。
「・・・マイナスを、取れるものなら取ってごらん・・・」とでも言いたくなってしまう。
すべて中身が0以上の場合と負の場合に、自分で場合分けして処理しなくてはならない。
教師が思う以上に生徒の戸惑いは大きい。というか・・・教師はその戸惑いを忘れてしまっている。
そこが問題なのだ。忘れてしまって「簡単じゃないか」と、時間をかけてやることがない。
だって今までやったことがないのだから、本当にはじっくりと取り組ませてやらないといけないのだけど、
何せ教師は「簡単だ」と思い込んでいるのだから、どの高校でも一度説明して終わってしまう。
結果、大量の優秀な生徒が潰れて行ってしまう。数学が「難しいもの」と思い込んでしまう。
真子・ユウカ・カイ・アヤカ・ミオ・メイ・サキコ・ミユ・・・皆優秀な生徒だ。
けれどそれでもその戸惑いは大きい。だから毎年私はそこに時間をかけてやる。
3月の半ばからスタートさせるのもそのためだ。なるべく時間を取って「場合分け」に慣れさせている。
最初は信じられないようなミスや思い違いをするものですよ。
それを繰り返し繰り返し、一つ一つ修正していく。
もう丸二ヶ月そればかりをやって、ずいぶん良くなって来た。
この子達も、もう大丈夫だ。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

河原

Author:河原
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR