FC2ブログ

タダ飯

大学のクラブや同好会はゴールデン・ウイーク明けまで新入生の勧誘(新勧)をやっている。
鴨川べりで焼肉をやったり、弁当を用意したり、居酒屋で飯とお酒をふるまったり、
飲み食いしながらクラブのこと、大学生活のこと、自分の人生のこと・・・・
多くのことを先輩は語ってくれる。新入生にはすべてが新鮮な体験だ。
2回生以上にとっては「経験済み」であり、すでにどこかのクラブに入っていても、「タダ飯」には魅力がある。
顔を知られていなければ新入生を装い、飯にありつく2回生や3回生もいるらしい。それどころか・・・
康太がテニスサークルに顔を出して「今日の飯は何かなあ?」と待っていると、
その横に突如現れたのは・・・ケンゴである。府立医科大の「3回生」である。
ビックリして声を出しそうになる康太をさえぎり、
「いいか康太!俺は2浪して京大に来たケンゴだ!よろしく、同級生君!」
そうやってケンゴはしっかりと飯を御馳走になったらしい。
医科大は1学年100人の単科大学であり、すぐに顔と名前を覚えられて、
もう2度と「タダ飯」にありつくことは出来ない。だからよその大学まで遠征してくるのだ。
タダ飯が目標だが、目標はそれだけではない。最大の目標は「女子マネージャーの勧誘」だ。
なにしろ京大も医科大も「女子不足」は深刻なのである。
京大でも女子は2割。府立医科大だと、看護科を除けばほとんどいないだろう。
だからどちらの大学のサークルでも他の大学生が入部するのはいいのだが、
「女子に限る」とするところは・・・多い。
ケンゴはサッカー部だが、1・2回生の時には先輩から、
「よその大学から女子マネをスカウトして来い!美人に限るぞ!」と言われ、
勧誘できなかったり、勧誘しても美人でなければ容赦なく張り倒されたらしい。
やあ~~、いつの時代でも、京大や医科大生でも、「彼女」を得るのは大変なことのようだ。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

河原

Author:河原
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR