FC2ブログ

旬を食らう

アヤカ母さんが今年も筍をくれた。実家に竹藪があり、毎年採るのだという。
しっかりと太く、しかし土に埋まっていたであろう筍。すごくうれしい。
若い頃は筍の味などわからなかった。それは自転車屋の同級生、ツボタも同じだった。
康太が大学で自転車を使うというのでブレーキを直してもらいに行った。
ブレーキをかけるとキイキイと鳴る。
私には「そんなもんだろ?」と思えるのだが、若者には気になるらしい。
ブレーキを取り変えながらツボタが言う。
「若い頃?肉しか食わんかったぜ。野菜?葉っぱなんか人の食いもんじゃねえ。
 魚?そんなんじゃあ自転車を担ぐ力が出ねえ・・ってな」
「俺とおんなじやんけ!」
おかげで二人とも同じ「生活習慣病」だ。

女房は筍を里芋・油揚げ・こんにゃくと炊いてくれた。これもたまらなくうまい。
しかし私は「さしみ筍」も大好きだ。湯がきたての筍を薄切りにして「酢味噌」で食べる。
酢味噌は「万能ソース」だと思う。魚にもいいが、筍との相性もいい。
しっかりつけて口に放り込むと、ほのかな甘みと、ちょっと「栗のような」風味もある。
4日ほどその二つの料理だけを食べ、最後に余っていたのはカレーに入れて食べた。
今年初めて筍を堪能したけど、旬のものはおいしいねえ。
春はこうやって山菜を食べる。夏は自家製のゴーヤを食べる。
秋は黒豆や栗や芋がおいしい。冬は・・・漬物と白菜と魚かな?
旬を食らってばかりいる。

康太は日曜の朝、自転車で大学まで行った。所要時間1時間10分。楽勝だね。
今後はその自転車で大学構内を移動するようだ。
この1週間はクラブと同好会が新入生の勧誘をしていて、行くと飯を食わせてくれる。
昨日はサーフィン同好会で、昼飯だけでなく晩飯もごちそうになって帰って来た。
特に「旬のもの」などは食わせてもらえないが、若いうちはそれでいい。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

河原

Author:河原
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR