FC2ブログ

入学式 ①

朝8時前に家を出た。
康太は新品のスーツ。女房と真子もおしゃれをし、私だけは普段着だ。
そう、今日は康太の入学式だ。会場は平安神宮そばにある「都メッセ」。
式は9時半からだが、康太達入学生は9時に入らなくてはならない。
8時半に地下鉄・東山駅を出ると、黄色い上着を着た人が「京都大学の入学式会場はこちら」
の紙を持ってたくさん立っている。
なるほど・・・私達は何度もここへ来ているが、他府県の人は助かるだろう。
1時間前なのに、会場入り口は人だかりになっている。何があるんだろう?
そばへ行ってみると「京都大学入学式」の立て看板があり、新入生が記念写真を撮っているのだ。
やはり真新しいスーツを着た女の子が看板の横でにっこりとほほ笑み、
父・母・爺ちゃん・ばあちゃんがカメラを向けている。その後ろには「順番待ち」の人がずらりと・・・・
私達はそれは後回しにして中へ入った。
「わっせ、わっせ、おめでとう~~」
ずいぶんにぎやかだ。ラグビー部の部員が盛り上げ役をやっているらしい。
エスカレータで3階へ上がると、家族と新入生の入り口は別だった。
約3000人の入学生は前の方の席に座り、我々家族はその後ろに座る。
スチールいすだが、すでに残りは少ない。私達は座れたが、すぐに「立ち見」もいっぱいになった。
前のステージには金屏風が立てられ、その上に「平成24年度 京都大学入学式」とある。
両サイドに大きな液晶画面があるが、他の飾りは一切なかった。
式の10分前に、ふいに、荘厳な音楽が流れた。テープ?いいや、生オーケストラだ。
前で学生たちが演奏している。演奏の終盤に、両サイドから人が静かに現れてくる。
歴代の総長、学長方たちだ。20人ほどが礼服をまとい、ズラリと並ぶ。
素晴らしい音楽の元に「ようこそ!我大学へ!」のオーラが立ち込めた。
私は・・・初めて・・初めて康太の「入学」を実感した・・・・
そうそうたる人たちが、康太を出迎えてくださっている。康太を迎え入れてくださろうとしている・・・
熱い感動が込み上げて来て、目頭が熱くなってしまった・・・素晴らしい・・
「入学式を始めます」
とても短い「開式の辞」の後、初めて聞く「京都大学学歌」が流れる。
着席した後、すぐに「総長の言葉」が始まった。
それは明日書くことにしよう。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

河原

Author:河原
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR