FC2ブログ

モクモク・バイキング

滋賀・奈良・三重の県境にあるモクモクファームには、康太や真子が赤ちゃんの頃から行っている。
もう15~16年前になるだろうか、当時はあまり建物もなく、
「ミニブタショーの舞台」と「焼き肉バイキング」の店しかなかった。
その後パン工房・麦酒工房・シイタケ工房・温泉・野菜売り場など、どんどん発展していった。
バイキングのレストランも出来たが、当時はいくつかのハムとウインナーだけが「売り」で、すぐに飽きた。
最近ではミニブタショーや竹馬乗りに、もう康太も真子も興じる年齢ではなくなり、
年末の買い出しと、その時に買った金額の半分を「3月までの金券」にしてくれるので、3月にしか行かない。
食事は入口あたりに出来た「農村料理」の店で蕎麦やとんかつを食べるだけだったが・・・
朝11時に着いて、真子がネットで調べた「バイキングのレストラン」へ向かった。
「あまりうまくもない記憶しかないけどな」
行ってみると団体の予約が入っているらしく、1時間待ち。
順番待ちの紙に名前を書いて、麦酒工房で時間つぶしだ。
ここでは独自の「地ビール」を作っており、30分ほど「ビールが出来るまで」の説明を聞くと、
最後にグラスビールを無料で飲ませてくれる。
酵母をろ過しないビールで、泡がすごく「クリーミイー」で、抜群にうまい。
顔を赤くして歩いている人は、全員ここで「一杯やった」人達だ。
レストランへ行くとすぐに呼ばれ、席に着く。
木で作られたお皿を持って料理を取りに行くと、その種類の豊富さにびっくり。昔とは全く違っていた。
今は「無農薬・安全野菜」も売りにしているモクモクだが、全種類の野菜が食べられる。
ニンジンはいくつもの種類があり、レタス・ほうれん草・アイスプラント・聞いたこともない野菜・・・
いやあ~、全種類取ってしまうねえ。
ハムやウインナーの種類も増えており、どれもおいしい。
パン工房からも様々なパンが出されている。ご飯は白米と五穀米がある。
いくつものパスタ、コロッケ、スープ類、お漬物。
デザートにも様々な果物、ケーキ、ぜんざいまである。これはすごい!全部食べたくなるよ。
出てくる人が皆「お腹いっぱ~い」と言うのは当然だね。これで大人一人の値段は1900円ほど。
うまく設定している。内容からすればずいぶん安いが、ちゃんと「儲け」も出ているだろう。
最近東京や大阪にもレストランを出しているが、この内容なら人気は出るね。
お腹がはち切れるほど食べた後は温泉に入りに行く。
年末に2万円ほどの買い物をしたので、金券は1万円ほどあり、レストランも温泉もそれで賄える。
露天風呂にゆっくりつかり、洗い場で康太と「背中の流しっこ」をする。
5歳の康太は立ち上がって、両手で懸命に私の背中をごしごし洗ったもので、
今でも風呂に入ると「そうするものだ」と思い込んでいる。
金券という「おまけ」での1日は、とても豊かな1日になった。

今日月曜は、真子は高校へ出かけてゆき、入学前の学力テスト。
それで「能力別クラス」に分けられるので、真子は気合を入れている。
テストは午前中だけなので、お昼に母・康太と京都駅で合流し、
学用品や康太のスーツを見てくるらしい。細身の康太はスーツがよく似合う。
新たな学校への準備は、着々と進んでいるようだ。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

河原

Author:河原
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR