FC2ブログ

北アルプス(純米酒)

卒業生のトモヒサがひょっこりと顔を出した。
中1の授業中だったが、卒業生はそんなこと気にせず、いつ来てもいいのは昔からだ。
少し痩せたのか精悍さを増した顔つきになっていた。
トモヒサは農業を真剣に考えており、私が敬愛する長野の農夫・鈴木さんのもとで、
4日間泊まり込みで「研修」させてもらって来たのだ。
『今年はまだ雪があるだろうに、農作業なんて、あるんかいな?』
そう思っていたら、鈴木さんの奥さんが書くブログにトモヒサの写真が載り、
ニンニク畑の農作業などをやっていたようだ。
「京都から応援が来たので、父ちゃん、やっと重い腰を上げて仕事し始めました」
はあ~、農業も、仕事なんていくらでもあるようだ。
鈴木さんは冬の間は「杜氏」として、自分の酒を作られており、その仕事は終わった。
「この酒を、河原先生に」 トモヒサはそう言われ、酒を届けに来たのだ。
『自分で育てた米と、自分で作った米麹』で作ったお酒「北アルプス」。
混じりっ気のない「純米酒」で、精米度は59%?
真子に調べさせたら60%以上が「吟醸酒」になるらしいが、
確かそれだと税金が高くなり、酒の値段が高くなってしまう。
鈴木さんはそれを嫌い、ギリギリの59%にしているのだ。
ね?私が鈴木さんを敬愛するのがわかるでしょ?
「いい酒を作る。けれど、高いものにはしたくない」
そういう心意気、気配りが素晴らしいのですよ。
授業を終えて、少し味見をする。
まるで「リンゴジュース」のような香りと味わい。
それが口の中に「ふうわり」と広がり、きっぱり・すっきりと喉の奥に消えてゆく。
水の豊富な安曇野で、よほど水にもこだわっているのだろう・・・素晴らしい日本酒だ。
出来の悪い日本酒だと「嫌な臭み」があるけれど、そういうものが一切ない。
鈴木さんが作る米も(毎月5キロ買っている)、トマトジュース(2本買っている)も素晴らしいが、
これからは日本酒を飲むならこれにしよう。さて、定期購入するには・・・・・

ケンタが京都工芸繊維大の後期試験を突破した。今日が大阪府立大・中期の発表だ。
これで中学生・高校生のすべての進路が確定する。
コウヘイは第2志望の大学に合格したが、将来の仕事・あこがれを考えると悔しく、
「浪人してもいい?」と自分から親に言いだした。
文章がまとまらないと言うハンデを抱えながら、第1志望にギリギリまで迫り、
それだけに「悔しい!」のだろう。それもまた「新たな扉を開く」ことになる。
明日正式に「進路」として決定するが、とりあえず大学は、

京都大学(物理工学)、京都大学(地球工学)、大阪府立か京都工芸繊維大(応用化学)
奈良教育大学(数学)、滋賀県立大学(機械システム)、花園大学(社会福祉)

6人中5人が「近所」の国立大学。こんなことになるからうちの教室って、誤解される。
初めから「そこに入れよう」なんて思ってないからね!
だから「そこに入れてください」なんて、言わないで下さいよ。
すごいのは私ではなく、この子達です。
この子達が自力で「新しい扉」を開いただけですよ・・・・。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

河原

Author:河原
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR