FC2ブログ

惨敗

土曜日に伏見港公園体育館で、京都府高校卓球秋季大会団体戦が会った。
莵道高校は第2シード。3回勝てば1次予選突破で、負けそうな高校は見当たらなかった。
初戦の相手は1回戦で嵯峨野高校を接戦の末倒して上がった鳥羽高校。
卓球の完成度、スタイルは圧倒的に莵道高校が上。
私も3-0で莵道が勝つと思っていたし、部員達も楽勝ムードが漂う。
しかし・・・ゲームが始まると、先に攻めるのは莵道なのだが、妙に粘られた。
1番キノシタ、2番エザキの動きは鈍く、いつものようにボールが走らない。
あまりに粘られるため、次第に力んでしまい、泥仕合となり、ともに敗れてしまう。
まさかの2点失点。もう後がない。
3番ダブルスは康太とモトイ。2人ともすばやく動き、素晴らしい出来だ。
ダブルスは圧勝する。これが本来の力量だと思われる。
首の皮をつなげて、4番康太、5番モトイ。
康太の相手も楽勝のはずだが、序盤先行しては追いつかれ、やはり泥仕合に。
2人とも2-2のセットオールとなってしまい、先に康太が負けてゲームセット。
まさかまさかの敗戦だが、高校あたりではよくあることだ。
部員全員がっくしと落ち込んでしまい、夜の練習にも出てこられなかった。

敗因は色々あるが、一つは練習不足であり、もう一つは練習時の集中力不足だ。
勉強もしなくてはならないから、毎日3時間も4時間も練習は出来ない。
7時間授業も多いから、せいぜい1時間ほどの練習だ。
それならそれで練習内容を絞り込み、集中力を上げなくてはならないが、
指導者がおらず、生徒だけでやっていては、それも難しい。
そういう意味では、この敗戦はいい薬になるだろう。
負けることは悔しい。しかし死ぬほどではない。色々と学ぶことが多い。
それがアマチュアスポーツの良さだ。

日曜日は朝8時半にヒロコが勉強しに来た。
午後には同じ高1のユウキがいたし、中1のルイ、アカネ、高3のユキ、トモヒサ、
2階では康太も勉強している。康太は最近朝5時に起きて勉強したりしている。
スポーツに勉強に、バランスを取って、これから最適の季節だ。

私はこの1週間で「夏の発表」をまとめ上げる。
日記は短くなるか、書かない日も出てくるかと思われるが、ご了承願います。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

河原

Author:河原
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR