FC2ブログ

卒業

私立のコウヘイはどうだかわからないが、京教や府立の国・公立高校は今日が一斉に卒業式。
「高校って、どんなとこかなあ」
おっかな・びっくりで入学してから3年が過ぎたんだ。ありふれているが、速いねえ。
3年前は莵道高校に異常に人気と生徒が集中し、100人ほどが落とされたと聞く。
これは異常ですよ。たいていは中学がうまく「絞り込む」から、落ちても10人ほどだから。
康太も合格に浮かれてたら、最初の模試で校内順位が60位。
1学期の期末テストの数学も、がんばったのにクラスで3位。
『こりゃあ・・・どうしたことだ』
ふと見ると、休み時間に一人の子がチャートを解いている。
「お前、どれくらいやるん?」「テストまでに3回は解くで」
これが、康太が真剣に勉強と向き合うきっかけとなった。『俺も頑張らないといけない』
1年生の時に目立っていたのは堀川や嵯峨野など「有名高校」を落ちて来た子たちだったが、
2年生になる頃からほとんど目立たなくなった。
1年生の時に「俺は京大へ行くか、高卒で就職かのどちらかだ」と言っていた子は、
2年生から「Bクラス」へ落ち、どこに就職したのだろう?
3年生になると康太を含め、1年の時には目立たなかった「学びと真摯に向き合う子達」が頭角を表してくる。
京大を受けたのは2人、阪大が4人で、神戸大も何人かが受けたはず。
やはりここ数年では「すごく出来た学年」だったのだろう。
去年の阪大数学は「難し過ぎて差がつかない」ものだったが、今年は易しくなっていたらしい。
卒業式準備で顔を合わせ聞いてみると、№2・№3の子は「どうやら行けた」と言った。
あとの二人は「微妙だけど、落ちてるかな」と言うことだ。
ほぼ確実なのは京大1人と阪大2人。それだけでも優秀な学年だよ。
皆、どのような想いを胸に卒業していくのだろう?
康太は親しい仲間5~6人と、昼飯か晩飯を食いに行くらしい。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

河原

Author:河原
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR