FC2ブログ

難化した京大数学

京大の数学は去年も一昨年も極端に易しくなっていた。
「これが・・・京大の問題か?」と目を疑うほどで、易し過ぎて差が出なかっただろう。
2年連続そうだったので「今年は難しくなるだろう」と予測し、だから康太も警戒していたのだが・・・
まさか・・・ここまで恐ろしく難しくなるとは思わなかった。受験生は面喰い、相当に戸惑っただろう。
大問6問のうち、単純計算問題と言えるのは「1の(1)」だけで、それも計算は面倒だ。
2が図形の証明問題。どこまで正確に論述出来るだろうか?
3は数値の幅を求める問題。定義域をきちんと求めるのが相当に難しい。
4が無理数の証明問題。いつの時代も嫌がられる問題だ。
5番も図形の証明だが、これは「持って行き方」が高校生には無理。
6番が確率の数値幅の証明。答えた奴はいないだろう。
これは・・・0点にされて、絶望した受験生もかなり出たのではないか?
2問分は解いておきたいところだが、はたしてそれが出来た生徒はどれほどいることか。
3問できれば基本合格だろうが、・・・康太は4問を解ききっていた。
今朝河合塾の「速報」で確認したから間違いない。
1番から4番までを「完答」し、5・6番はある程度論述し、思考の跡を残した。
国語はいつも通りに手ごたえがあったし、数学も無事通過。
今日の英語・化学・物理では、さらに得点を伸ばすだろう。大差をつけそうだ。
教室に来てみると、問題冊子が置いてある。奈良教育大学の問題だ。
ははあ・・・さてはユウカが昨晩持ってきてたな?
どれどれ・・・大問4問だ。さすがに京大と違って基本問題ばかりだけど・・・
ユウカは3問を完答し、三角関数の証明問題だけ「論旨の方向」がずれており、
減点はされるだろうが0点にはされないだろう。
300点満点で30点減点されたとしても270点。
まさか受けに来た生徒すべてが満点と言うこともないだろうし、
これで落とされたら「笑うしか」ないだろう。
やれやれ・・・ここまでは「順調」そのものだ。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

河原

Author:河原
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR