FC2ブログ

最大の決戦 前日

ユウカは昨日の朝7時半にやって来て勉強を開始し、ケンタは10時にやって来た。
ユウスケは学校のホームルームを終えて、夕方から制服姿のままやって来た。
康太は変わらず自宅で、朝から夜まで準備に余念がない。
今朝は10時前にユウカが現れた。すぐに勉強開始。すぐにケンタも来て、
「先生、今から行ってきます!」「そうか・・・がんばれよ」
そう、明日は国立大学前期試験・・・最大の決戦の日だ。
永遠におとずれてほしくない日でもあり、待ちに待った日でもある。

ケンタはテニス部のエースとして活躍しながらも、高2の秋から出来る限りの勉強をして来た。
康太の1年前からの準備、学びの進め方には感心させられるものがあった。
ユウスケは「鈍くさい自分」を理解し、「だから・・一歩一歩進むだけだ」と歩を進めた。
控え目でおとなしいユウカも、もう手抜きをする暇もなかった。
それらの集大成が試される日だ。
それぞれに「登れた高さ」は異なっている。けれど高さ自体は、誰も気にしてはいない。
「お前はそんな高さにまで登ったのか・・・俺も精一杯、ここまで来たよ」
そういう心境なのだ。
康太・ケンタ・ユウカは小5の時から共に学んでいる。3人とも、とても小さかった。
それが今、立派な青年となり、それぞれの次のスッテプヘ挑もうとしている。
ユウカは一昨日に大学の下見を済ませた。
奈良駅からのバスの予定もあり、明日は6時半に出かけて行くと言う。
ケンタとユウスケは今からそれぞれの大学へ行き、下見を済ませ、ホテルで一泊する。
康太も今大学へ向かっており、部屋割を確認する。
「もう・・・これ以上の準備は出来ない・・・」4人とも、そう思っている。
クラブに励み、よく遊び、とっても良く学んでも来た。私はそのすべてを見守って来た。
だから私は知っている。「この子達が負けるはずなどない」ことを。
もう、どこへ出しても恥ずかしくない青年に仕上がっている。
大学など行かず、今すぐ世の中に出しても大丈夫だ。将来ユウカを嫁にもらう男は幸せになれますよ。
それぞれがきっぱりと、その「人間力」を示してくるだろう。
今日は静かに過ごせばいい。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

あ~、今晩は忙しいぞ~!
知ってる子たち全員を祈らないといけないからね~!
気合い入ってるし~!!!

万全の体調で べストが尽くせますように!!!!!


呪い並みのパワーで祈ります!

あ~、ドキドキする・・・。

Re: No title

>
> 呪い並みのパワーで祈ります!
>
> あ~、ドキドキする・・・。


は、はい~~~!!怨念にも似た祈りを込めましょう~~~~~~~!!
プロフィール

河原

Author:河原
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR