FC2ブログ

私立高校の入試日

今日10日は京都の私立高校が一斉に入試を行う。
「生徒の奪い合いにならないように」と、各私立が話し合って同じ日にしたようだ。
けれど死に物狂いの私立もあるから、2次・3次募集もあって、カイラなんか3日連続で入試を受ける。
今年の中3生9人のうち、私立を受けないのは真子とミサキの二人。
たいていは「公立の滑り止め」だが、ナゴとソウタはそれぞれ「本命私立」を受けている。
ナゴは「ブランド私立」で、特別推薦枠だから筆記試験もなく、100%合格だ。
その高校には共に京都中学卓球のベスト8に入った「ラドン・ナンブ」も行くようだ。
これは・・・すごいことですよ。中学のベスト8が二人も行くということは、
一気に高校の「団体優勝候補」になる。ところが・・・その高校に女子卓球部がない。
すごい「宣伝材料」だから高校側も「部員を集めます」と言っているらしい。楽しみだ。
ほとんどの子は練習のためにも受けるから、マンモス校の木幡中でも30人ほどだけが受けない。
真子は康太の時と同じで、ひとクラスに集められ、午前中だけ「プリント学習」をする。
自習なわけだけど・・・私立を受けない子のほとんどは「お金がない」か「学力がない」子達だ。
自習なんかせずに遊んでいるとバタバタと先生が走って来て、
「勉強せんのやったら帰れ!」と怒鳴られるらしい。康太の時はそうだった。
去年と違って今年は適性検査の倍率を見る限り、公立高校の人気が上がっているようだ。
去年は軒並み「定員割れ」だったけどね。
それでも「滑り止め効果」のせいか、20倍を越えたのが京都橘高校。
「橘高校」の時代には誰も行かないので潰れかけていたが、「京都橘」と京都をつけ、
「特進コース」「国公立大コース」と「クラスに名前」をつけただけなのに20倍だ。
中身は「同じ」だと思うけどねえ・・・「名前とイメージ」だけが売れる世相と同じか。
ユウカがびっくりするニュースを持って来た。
京教大付属高校の外部募集が1倍を切ったらしい!0.9倍に・・・・
そのせいか「4割カット」のはずの「内部進学」で、落ちたのは「一人」だけ。
・・・どうなってるんだ京教は・・・・・?
一人だけ落ちたと言っても全員が高校へ上がるわけではなく、たぶん、他の高校へ大量に出るんだね。
「あの」付属高校へ内部進学せずに、どこへ行くのだろう?
洛南高校は女子も取るようになったから、「女子高化」していた付属高校だから、流れ出たかな?
あとは・・・堀川・嵯峨野・西京・桃山などの「ブランド公立高」かな?
私の頃は「京都1のブランド高」で、それこそ競争率20倍なんて普通だったのに。
「自由な校風」が「ウリ」だったけど、今の時代では「放ったらかし」だと思われたのかな?
もし「定員割れ」なんてことになったら、お上から怒られるよ。
運営陣は「真っ青」になっているだろう。
かつてあった「自然科学コース」を、「名前だけ付けても、やることは同じ」と、
そのコースを3年ほどで無くした付属高校。
その方が「よっぽど本当」だと思うのは、私だけなのだろうか・・・・・・・

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: No title

>
> 文科省にはいい口実を与えてしまったことになりますので、そういう意味では「真っ青」だと思います。
> でもそれさえなければ、それほど危機的に感じてないと思われます。そして、それこそが京教の最大の魅力だと思っています(笑)。
>
> 附属高校の目標は、長持ちする教育です。成果はすぐに出ることもあるし、出ないこともあります。
>
> 今年の不人気は、今の附属高校では目指す教育がなされてないと思われたのでしょうか。
> それとも、即効性や効率性を求める人が多くて、魅力はないということでしょうか。

や、何も考えてないですよ。「感じ」でしょうね。
>
> 京大への進学率は桃高の自然科学にも負けていますので、そのあたりの実績も不人気の一つなんでしょうね。
> 同じく進学実績不振の西京も、今年は倍率を下げたようです。

橋下市長がもてるはずですなあ。

> 親として、いい実績のある学校はとても魅力ですし、学校主体で生徒を引き上げて勉強させてくれる学校は、本当に安心して子どもを預けることができると思います。というか、この学校に入れておけば、立派な大学に進学させてくれると錯覚してしまいます(笑)。さらに予備校に行かなくてもよいとなれば、なおありがたいですよね。
>
> ただ、子どもの成長にとっては、必ずしも効率的なのがいいとは限らないのですよね。

まったくそのとおりです。
「教科を越えたところで、教科じゃないものの中で、生徒はより多くのものを学びます」

>
> それに附属だって、まったくほったらかしじゃないです。
> 週に4日は7時間ですし、部活も制限されてますし、勉強が第一だと、学校はことあるごとに言っています。模試の数も多くはないですが、少なくはないと思います。
> むしろ、あれ以上拘束されると息苦しいのでは?と、前世代の親は思ってしまいます。内省する時間や自発的気づきのゆとりがないために、自分で考えない、何も感じない子どもが多くなりそうで心配です。
> (ただこれも実態を知らないものの想像なのかもしれません。中学受験とは違い、高校生は自分でうまく息抜きや調整ができるので、あまり心配はないのかもしれませんね。)

すでに今の大学生がそうなっています。真面目にノートを取ること“だけ”が勉強だと思っていますね。
付属高校は「そうやないやろ」と昔から言っているわけで、私は評価しますけどね。
プロフィール

河原

Author:河原
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR