FC2ブログ

淡い味

夫婦そろって2月が誕生日のせいで、焼肉屋からも回転寿司からも「誕生日10%オフ割引き」のはがきが来る。
うちの女房、「割引き」と「おまけ」という言葉に、まるで抵抗力がない。
「何としても行かなくてはならない」と思ってしまうので、「いいカモ」なのだろう。
土曜日にはその葉書を握りしめて「函館市場」へ家族で行く。
女房と真子は珍しい「変わり寿司」ばかりを狙う。
康太は「サーモン系」は外さず、まんべんなく食べる。
私は・・・「やりイカ」と「エンガワ」ばっかし。どちらも以前は食べなかったものだ。
6歳の時に「サバ寿司」でじんましんを出して以来、魚は食べられなくなった。
焼き魚は少しは食べたが、寿司すら食べられない。野菜も果物も嫌い。
肉・塩・胡椒・・トウガラシだけで以後の30年を生き抜いた。
30歳の頃から寿司も食べるようにはなったが、「うまい」と思うことはなかった。
食べるのはマグロ・アナゴ・ウニなど、味の濃いものばかり。
肉しか食ってなかったせいで「さっぱりした味」なんかわからなくなっていた。
若い人で私みたいのはいるよね?
福岡県警の25歳の女性警官は、昼の弁当は肉ばかりだ。
「魚は家で食べればいいでしょ?私、外食では肉にしかお金を払いませんよ」
パチパチパチ!そうとも!若いうちはそうでないと!
けれど・・・いつからだろうか?何気に食べたイカが・・・うまい。
回転寿司のエンガワはヒラメではなく「カレイのエンガワ」だけど、大葉とのバランスが絶妙だ!
隣で康太が食べる、油で光った「トロサーモン」を見る。
『昔はそれだけを、5皿は食べたなあ』今は手がいかない。
淡い味がわかるようになって来たなんて、さすがに歳を取ったのかねえ?
イカとエンガワを3皿ずつ食べて、私はおしまいだった。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

河原

Author:河原
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR