FC2ブログ

更新登録

受験も大詰めだけど、新学年の準備も同時にやらなくてはならない。
塾生には「更新登録表」を渡し、来年度に何を取るのか書いてもらう。
登録人数に合わせてテキストやプリント(これが多い!)を準備するためだ。
中学生は、まだ気が楽だ。教科数が少ないから「取り過ぎる」ことがないから。
基本的に数学と英語で、必要に応じて中2から理科の授業をすることもある。
国語は数学の授業の中で宿題に出し「必修」みたいなものだ。強制的にやらせる。
でも、「学びのための基礎教養」であり、数学の理解を助けるためのものなので、料金は無料だ。
長年の経験で、中学時代には数学と英語の基礎を固めておくのが大切とわかって来た。
中学の数学は式のさわり方・図形の性質・基礎演算などで、これが出来ないと高校からがつらい。
それに対して英語は、その意味合いが少し違う。
出来れば「高校からは塾に通わなくても、自分で出来る」レベルにまでしておきたい。
理科系なら数学と理科でやることが多いし、文系なら学校での英語量が半端ではない。
また、英語は数学に比べて「無条件に丸暗記」の部分や期間が長く、
それを通過しないと「わからない」・・・語学ってそういうものだから、
高校からは出来れば学校をベースに、自力でやらせたい。
中学英語の基礎をしっかりさせておくと出来るものですよ。
高校で「英語が出来ない」って言ってる子のほとんどが中学英語でつまづいているもの。
「高校からの英語は難しくなるので、高校から英語の塾を」と言うのは間違いですな。
中学で固めておいて、高校からは「自分でやれ!」が正しいし、その方が伸びるもの。
どの塾でも「何を取ればいいですか?」と聞けば、基本的に「全部!」と言われるだろうけれど、
私はそれは正しくないと思う。
「いかに自分でやることを増やすか」が教育の目標であり、そうできるように育てるのが使命だと思う。
「全部教え込んで」は、その子から「逞しさ」も奪うし、生命力が弱まるように感じる。
だから・・・高2からは数学Ⅱ・B,物理、英語の4教科があるけれど、
「全部取る!」と言われると、頭を抱えてしまう。
「お前なあ・・・一つくらい自分でやらねえか?」
毎日学校へ行ってるのに、その上さらに4日も塾へ通うなんて、尋常なことじゃあない。
「いや、うちの塾では、生徒は毎日来ますよ」
そうできる授業なんだ?うちじゃあ数学や物理だけでも「へとへとに」なりますよ。
数学と物理が「外せない」のなら、英語くらいは自分でやってくれないかなあ~。
そう思いながら、更新登録表を見つめている。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

河原

Author:河原
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR