FC2ブログ

「お互いさま」は、なくせない

昨日の午前中に「相談があります」と、チハルが顔を見せた。
現在数学科の2回生。何の相談かは、だいたい想像がついた。
「学ぶことや数学自体は面白いのですが、大学と大学の授業が面白くありません。
 最近は授業にも出ていません・・・」
「ま、大学生なら、誰にでもあることだぜ」
「そうなんですか!?」
誰にでもあることなんだが、チハルの場合は、その「様相」が少し違う。
子供の頃からそうだが、中学・高校でも人と交わるのが苦手、人が恐い。
そのままだと「将来どうなるか」は容易に想像がつくので、
特に高校時代はそれを直すことと、「それでもなるべく生きていけるように」厳しく鍛えた。
数学力はそこそこに出来たが、人付き合いは直せなかった。
ここへ来てその弊害が出てきたようだ。
確かに人付き合いは「わずらわしさ」が付きまとう。うっとうしい人間もたくさんいる。
けれど、人間社会って「そういうもの」なんだ。
しかし今の日本の風潮は、それをなくせるかのように「ごまかし」ている。
人に迷惑をかけずに、一人だけで生きていけると、チハルも「錯覚」していた。
「ウオークマンを耳に、携帯の画面を睨んで歩くだけなら、だれにも迷惑かけないでしょ?」
迷惑なんだよ!!人にも車にもぶつかりそうになるし、周りが「注意して」避けているだけだ。
その携帯は誰が作ったんだ?お前がきている服はどうやって出来たんだ?
「金を払ったから」と言うだけの問題ではない。「生きていること」自体が人に迷惑をかける。
それはどうしようもなく「お互いさま」なんだ。
「お互いさま」をなくせると思うから感謝もなくなり、「こんな世の中」になっている。
「夫婦二人だけで」子育てできると思うから、連日の「虐待報道」のすごさになっているではないか。
一人で生きていくなんて誰にも出来ないし、誰もが一人では生きていない。
迷惑をかけ・かけられ、怒り・怒られ・・・それらは「お互いさま」なんだ。
「お互いさま」をなくすときっと、世の中は崩壊する・・・
チハルは大学でも誰とも口を聞かず、授業で黙ってノートを取るだけ。
それもまた・・・やがて崩壊する。
「今はとりあえず大学へ戻って、1月のテストの単位を取れ。
 春になったら参加できそうなサークルや同好会を見つけて参加してみろ」
「3年生から参加できますか?」
「同好会ってのは、そういうものだ。そこで人と一緒に作業すれば、話も出来る」
そんな話をするうちに、少しは元気も出てきたようだ。
大学が嫌いだと言っていたのに「大学院へも行ってみたいんです」などとも言う。
ずいぶん精悍さを増している。私とならこれほどにしゃべれる。もう少し・・・なんだけどなあ。
「今日の午後にも授業があるんです」
そう言って帰って行った。
まったく・・・「金で方がつく」なんて思っているとお互いさまや感謝がなくなるね。
私は子供を通わせてもらうだけで感謝だが、何かと物までもらうこともある。
朝早く教室にビールの箱が届いた。まちゃみちゃんからだ。
自宅ではなく、教室に?夏の「ゴーヤ」のお礼もあるのかな?
それもあるけど、教室に届くのは、「打ち上げで私が飲む分」と言っている。
ま、お互いさま・・だ。感謝・感謝。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

先生~残念ながら今年の年末は行けそうにありません。。。が、お歳暮兼、差し入れです!奥様の腰を労わって~そちらへ直送しました(^^)V

Re: No title

> 先生~残念ながら今年の年末は行けそうにありません。。。

なんだって?さては去年外した「ワイン対決」を逃げたな?
残念だけど、ビールはおいしく、いただきま~す♪
プロフィール

河原

Author:河原
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR