FC2ブログ

打ち上げは27日

ウネから電話がかかった。水戸で働くコウヤに怒られたようだ。
「“先生が本を作ろうとしてるのに、お前、行かんかい!”って。
 しばらくブログも読んでなくて、知らんかったんです。
 コウヤに聞いたときは“日記の抜粋かな?”と思ったんですけど、違うんですね?」
まだ企画も決まってないけど、そうじゃあない。30周年記念として、足跡を記録しておきたい。
今年は26年目で、この日記は2003年6月から書き始めている。たかが8年だ。
その前の18年分は断片的な記録しか残っていない。それらの記録をまとめようと思う。
26年間で、私やこの教室に変化はあったのだろうか?
私が学生の頃、テレビの中で塾の合宿が映されていた。元旦から「えい・えい・お~」とやっている。
小学生がインタビューに答えている。
「僕は○○中学から××高校へ行き、東大を出て△△商事に入社するのです」
なんだか・・・変だ・・そう思ったのは覚えている。しかしその理由はまだ言葉に出来なかった。
26年前にこの教室を始め、生徒を育て、生徒やその親に私は育てられ、
今では「何が変だったのか」は明確にわかっている。
最初の10年ほどは「生徒との関わり」ばかりだったが、徐々に「親との対話」が増えていき、
今では生徒とその親との関わりが「半々」になっているようにも思う。
それはそうだわね。昔は生徒の親は私より「年上」だったけど、今では「卒業生と同い年」の親がいる。
1期生はもう40歳ですよ。ヒナ母さんが年下だったのでびっくりしたもの。
「30周年記念・本制作委員長」のめえさんでも「同い年」だ。そりゃあ変化するだろう。
ミサヤ母さんも「私に出来ることがあれば・・・」と参加してくださるので、
これで「本制作委員会(仮称)」は4人になった。
いや、水戸のコウヤも盆・正月に帰って来て「口出し」するだろうから、5人か?
ウネもコウヤも3期生で、私や教室を見続けてきたから、いいアドバイザーになるだろう。
めえさんはもう毎日でも「企画会議」をやりたそうだが、ま、月1回が精いっぱいだ。
ミサヤ母さんは仕事の都合で土・日しかダメだし、12月はいつにするかね?
私もかなり忙しいんですよ。受験が間近で冬期講習もしなくてはならないし、
今年の「ドラマ」も執筆しなくてはならないし、声も出せず泣いている生徒は今でもいるし・・・
土日は芸術クラスのセミナーやクリスマス会も入っている。
こりゃあ・・・今年の打ち上げで「委員会」の顔合わせだな。そこで1月以降の活動を決めようか。
なんだか「転がるように」時が流れていくけれど、今年の打ち上げは27日の6時半から。
今年も「食いもの・飲み物何か一品」持ち寄れば参加は自由。
恒例の「ワイン対決・豆腐対決」は今年も外せない。マリア母さんは3年ほど「全敗」してないか?
鍋は今年も鳥鍋にしようか。
ものすごく働いてくれたスタッフと、子供を預けてくださった親に「ありがとう」と言わなくてはね。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

河原

Author:河原
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR