FC2ブログ

私の失敗

もう12月だと言うのに、昨日はポカポカ陽気。蚊まで飛んでいる。
小5の授業もあと4回だ。「単位当たり量」と「円周の長さ」をやって終わりにしよう。
一般にほとんど知られていないが、単位には文字そのものに意味がある。
小5にはまず、その説明をしておこう。
m(ミリ)は0.001倍の意味がある。だから1mmは1mの1000分の1だ。
c(センチ)は0.001倍。100分の1。ここまではよく知っている。
d(デシ)が0.1倍。1㎗は文字の意味から1ℓの10分の1なのは当然なのだが、
文字の意味までは教わらないから「1ℓって何㎗だったっけ?」となる。
さらに1dm(デシメートル)は使われていないが、文字の意味からは1mの10分の1、10㎝だ。
da(デカ)が10倍。h(ヘクト)が100倍の意味を持つ。
天気予報で「今日の気圧は1012hpa(ヘクトパスカル)です」とはよく聞くが、
それがpa(パスカル)の100倍だと言うことを知っている人はいないだろう。
運動会の100m競走を「1hm(ヘクトメートル)競争と言ってもいい」と言うと皆大笑いした。
それらはきちんと「スケッチブック」にまとめていくのだが、ノリユキが書いていないことに気がついた。
「なんでお前はメモしないんだ?」押し黙っている。
「勉強したくないなら、今すぐ帰っていいぞ」それでも押し黙っている。
ここは甘やかせてはいけない。「何もしないのなら、先生は授業をしない。みんな、帰っていいぞ」
職員室へ戻って、授業は中断。他の6人がゴショゴショと相談している。
「帰るか?」「帰れへんやろ、お母さんに怒られるで」「そうやなあ・・・」
私もどうしたものか、振り上げた手を下すことも出来ず困っていると、救ってくれたのはチサだった。
ノリユキに「書かない理由」を聞いたのか、しばらくすると自分の鉛筆をノリユキに渡した。
ノリユキははじけるように書き写し始めた。・・・これは私の失敗。
「筆箱忘れた」と言えば済むことなのに、それが「言えない子」だと言うのを忘れていた。
ノリユキのそういうところを鍛え、修正してやらなければいけないと、普段から思っているのに、
その場でそれをやってくれたのはチサだった。やれやれ、助かった。
これから鍛えていって、二人が高校生になった頃にでも、
「あんた、小5の時に“鉛筆忘れた”が言えへんで、先生に怒られたことあったなあ?」
「覚えてるで!ひとこと言えば済むのに、なんでかあの時は頭の中が真っ白になったんやあ。
 チサちゃん、鉛筆貸してくれたなあ。ほんまに助かったで」
そんな会話をしてくれるだろうか?
私は授業を通して、勉強を教えるよりもそういう修正ばかりをやっているが、失敗ばかりしている。
それでもそんな「未来の会話」を夢見て、毎日の授業に向かっている。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

河原

Author:河原
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR