FC2ブログ

暖かな教室

「あのお~、ちょっと聞いていい~?」
数Ⅲで過去問研究を終えて出てきた康太に、フリースペースで勉強していたコウヘイが声をかけて来た。
「ちょっと、この問題、教えてくれる~?」
見ると、近畿大学の推薦入試問題のようだ。もう1回目を受けて来たのかな?
私は見なかったが、康太が即座に答えている。
「これは係数のAが負やから、グラフがこうなるし、こう考えればいいやろ?
 これ?解が4つの条件かあ・・・因数分解して、こうやると・・・ここで判断できるな」
コウヘイが同級生に質問するのは初めてじゃないかな?いいことだ、仲間で検討し合うがいい。
後で康太に聞くと、コウヘイはずいぶん解いていたと言う。
「あのお~、もう帰る?もうひとついい~?」
「かまへんで。あ、これ?これは簡単やで。こうしてみると・・・・」
「・・・なるほど。ありがとう。僕、帰るわ」
お、お前が先に帰るんかい~~!

期末試験も近いせいか、フリースペースには夕方からたくさんの中学・高校生が来ている。
モモカは土・日も関係なくやって来て、何時間も勉強している。
私立大の推薦入試を終えたミクは、数学で9割ほども解いたのに「英語が悪くて、落ちてるかも~」
そんなことはないと思うが、まだ国立大学まで受けるので、連日畳の間を陣取っている。
畳の間はユウカもよく合流していて、二人でよく食べて、よく寝ている。勉強もせんかい~~!
志望校の判定がようやく上がって来たケンタとユウスケは、ラーメンや焼きそばで腹を満たし、
これから何時まで勉強するのだろう。
たくさんの生徒が黙々と勉強する中で、ユウカの小さな笑い声が響く。
どの子も安心して身をゆだね、学び、食べ、寝て、笑っている。
なんて・・・なんていい教室なのだろう・・・・こういう教室が創れて、私は幸せだ。
ずいぶん寒くなって来たが、今日ほど晴れていると、屋根で暖まった空気を
OMソーラーがどんどん縁の下へ送って換気してくれる。
おかげで教室には嫌な臭いは何もせず、夜でもほんのりと暖かい。
学びの温かさ、生徒のぬくもり、教室の空気・・・
三つの温かさが合わさっているのだから、心の底から温まる空間になっている。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

河原

Author:河原
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR