FC2ブログ

大量のコピー

高3は文系・理系共に過去問研究に没頭している。
それぞれの志望校を睨んで2~3年分用意するが、2時間では文系で2年分、
理科系だと1年分を解くのが精いっぱいだ。
コウヘイは記述を整理するのが下手。「何が書いてあるんだ?これじゃあ見てもらえないぜ」
ミクはずいぶん解くようになって来たが、「Xは正の条件なのに、何でマイナス?」
ハルカはまだまだ解ける量が少ない。
文系に比べて理系は早くから過去問をやっているので慣れて来ている。
ケンタ・ユウカ・ユウスケは小問3つあると2つまで解けて、あと一つを越えるだけだ。
康太だけは何でも解いてしまう。少々ごり押しでも正解に持っていく「腕力」がすごい。
他の子にも真似させたいところだが、これほどの腕力は簡単ではない。
京大・神戸大・関大みたいに生徒がバラバラに解いている間、私は他の大学の問題を解く。
4つの大学の問題を同時に進めるから、ちょっとした聖徳太子の気分だ。
テーブルにはコピーが大量にのっている。
問題用紙・私が書いた解答・本の解説。どこに何があるのか分からなくなることもしょっちゅう。
その日だけでは間に合わないので、土・日にコピーしておくほどの量だ。
コピーは数学だけではない。国語の量も多い。
中3は嵯峨野と桃山の適性検査の国語。解答や解説も入れるとひとり8枚ほどだ。
高1・高2には京大の理系・文系の国語。
問題が6枚ほどで、解答・解説が12枚ほど。生徒が14人だと何枚のコピーだ?
昔みたいにコンビニでコピーしてたら、時間的にも値段的にも崩壊・破産してしまう。
塾のお仕事って、そんな「裏の仕事」が膨大な量なんだよね。
夜の8時に学校から帰って来たミツハが、教材をコピーしている。
縦横のサイズが合わない。あれこれとボタンを押して・・・ますますコピーできない。
「ど・・・どうやってコピーするんですか?」
「だから、このままだとこれでいいし、このボタンで設定すると、こうだぞ」
テキパキとコピーすると「おお~~!」と目を丸くして驚いている。
思い知ったか、キャリアが違うわい。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

河原

Author:河原
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR