FC2ブログ

塾って

塾を26年もやっているのに、今でも時々思うことがある。塾って、必要なのだろうかと。
「学校があるんだから、塾なんていらないじゃないか」
そう言われたら、私には否定することが出来ない。私自身がずっと「そっちより」の考えでいるからだ。
かつて遠山啓は「子供を健康で賢く育てるのだ」と言い、私はそれに動かされた。
だから「資格や合格の最短距離」は、必要性が無い限りやらなかった。
「お金が無いから、進学するなら国立大学。僕に出来るなら・・・」
そう考えること自体は賢くて、多くの卒業生は国立大学へ進んでいった。
しかし時代は変化してゆき、今や塾だけではなく学校までが国立大学を「ステータス」としている。
そりゃあ違うんじゃないか?健康で賢く考えたものではない。私はそれを「目標」にしたくはない。
私もまた「時代遅れ」になりつつあるのかもしれない。
内田樹さんが「学びの条件」の一つに、「師を見つけること。師は誰でもよい」と言う。
その言葉に救われる。
点取り操作をほとんどしない私のようなものでも師として必要ならば、
昨日のリノやモモカのようにフリースペースで学びたいなら、やってくればいい。
ヒロコのように学校でたくさん補講を取って、うちに通うことが出来なくなれば、
遠慮なく卒業してゆけばいい。学校が師になれば理想だろう。師は誰でも、何でもよい。
そう言えば私はこの教室を塾とは、ほとんど意識したことが無かった。
薬理研究職の卒業生ユカが関東へ転勤するときに挨拶に来てくれて言った。
「何をどうしていいか、何もわからないのが研究職。
 そこでどう動くのか、何をするのか。そういうことを私は、この教室で学びました」
この教室は、そういうものであり続けたい。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

コメントありがとうございました!
驚かせまして。。。

河原さんの塾は「必要不可欠」ですよ!
特に今の時代、必要ですから「在る」のです!

偉そうなことをイイまして失礼しました(笑)

新そばの季節になりましたよ~~~(^o^)/

Re: No title

ありがとうございます、まだまだ頑張らないとね。

> 新そばの季節になりましたよ~~~(^o^)/

すぐに食べに行きま~~す!
プロフィール

河原

Author:河原
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR