FC2ブログ

数学がわからなくなるって・・

私は「数学ほどわかりやすい教科も、めったにない」と思っているが、たいていの人はそうではない。
昔から「訳のわからない、嫌な教科の筆頭」にはされている。
しかしそれって「何もかもがわからない」と言う訳ではない。
「部分的にわからない・わかっていない」ことがあって、ただその部分だけなのに、
「まるっきりわからない」と思い込んでしまうだけだ。
ただ、その「部分」とは、その生徒によって場所が違うから、なかなか厄介ではある。
例えば小5で登場する「分数の通分」。「その部分」はたくさんある。
通分の前に倍数や約数の意味をたっぷりやるのだが、小学生に「完全な理解」など無理だ。
よく勘違いされているけれど、算数以外のものも勉強して、全体的に理解力がアップしないと。
たいていの人にも経験があるでしょ?数年前のことをもう一度やってみて、
「あ!なんだ、こういうことだったのか!」と言うことは。

さて、通分に入って2日目。宿題もやってこず、すっかり忘れている子もいる。
「勉強不足」も確かに「その部分」の一つではある。これが高校生なら、
「どアホウ!なめとんか、おどれ!」と怒鳴るところだが、小学生にはそこまで怒らない。
「勉強せんかったら、誰でもわからんで。勉強せなあかん」と叱る。
続いて「分子・分母に同じ数をかける、倍分」を忘れる子もいる。分子と分母にかけている数が違うのだ。
これは約分を忘れることと根は同じで、分数そのものの構造がまだ理解出来ないからで、
その都度「同じ数をかけないとな」「ほら、約分を忘れている」と声をかけ続けて
「なじませていく」しか手がない。時間がかかるはずだけど、学校ではその時間が取れないだろう。
さらに、親どころか教師でも気付かなくて、「小5ショック」の大きな原因の一つが、
「帯分数と仮分数」の処理だ。
4分の5、5/4のように分母より分子の数が大きいものを仮分数というが、
これを1と4分の1とすることが意外に出来ない。
そもそも帯分数は「数字の失敗作」とでも言うべき数で、本来なら1+1/4とすべき数だ。
これを並べて書くと、数学の「普通」では掛け算の意味になる。
その仮分数を相手にチサ以外の全員が「う~ん・・・」と頭を抱えている。
席に戻していくつかの例題を見せてやらせても・・・わからない。
もう一度角度を変えて説明しても・・・よくわからない。
『こうなったらもう、タイル図を描かせよう』
方眼紙を持ってきて正方形のタイルを描かせ、仮分数をいくつか描かせる。
「ああ、そういうことか・・・」ようやく納得できたようで、その後はうまくいった。
ね?これが「小5ショック」の実態なんですよ。
何も算数全体がわからないんじゃあなくて、分数の「その部分」がわからないだけだ。
ところがここをきちんとしておかないと、すぐに「算数・数学、わからへん~!」になる。
うちの生徒は異常なほど数学が得意な生徒の数が多くなるが、
私がやっているのは「そういうこと」なだけですよ。部分的に直しているだけ。
特に授業がうまいわけでも、説明がうまいわけでもない。
さて、学校で今まさにやっている「一次関数」をすっかり忘れていた中2だが、
こちらは今日の授業で、どうしてくれようか・・・?

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

河原

Author:河原
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR