FC2ブログ

語学

女房と真子がまだグアムから帰らないので、昨日の晩飯は英語講師の佐和と康太を連れて丸亀製麺。
佐和には高3の、康太には高2の英語力の現状をじっくりと聞いた。
康太とユウカは夏の授業だけ英語にも参加しているのだ。
はたして生徒達の英語力とは・・・・まあね、模擬テストの偏差値は知ってるけどね・・・
・・・どの学年にも高1の頭に言ってはいるんですよ。
「いいかお前ら、数学もそうだけど、語学はもっと時間がかかるからな。
 高1・高2のうちはリーダーもグラマーも“教科書丸暗記”だ!全部覚えてしまえ!
 中間・期末テストは常に100点を目指す。出来れば文法問題集の1冊もやっておけ。
 それが出来たうえで、高3になったら“微調整”を加えてやろう」
何度も何度も、散々言い続けているんだけどねえ・・・
高3でそれが出来ているのはシュウヘイとケンタとユキ、自力でやっているのもマミとサツキくらい。
イツロウ・タカシ・トモヒサの英語力など・・・ああ・・・・・
特に「英語がバカ」と言うわけではないのだが、数学の突出に比べたら“並み”なんだよねえ。
佐和もね、もう、苦労してますよ。
3時半からの授業なのに午前11時にはやって来て、あれこれ準備してますよ。
30分延長して6時まで授業して、8時くらいまでまだ何やらやってますよ。
けれど・・・語学は毎日少しずつ自分でやっておかないとどうしようもない。
今年もまた受験まで「ギリギリ」だなあ・・・

高2のクラスもさらに輪をかけて言って来たのだけど、今一つ、二つ、三つだねえ。
コウヘイとユウスケは文法力が足りていないし、ケンタもまだまだ力不足。
けれどそれは康太の「予想範囲内」だった。
予想外だったのがユウカの英語力不足。
ユウカの思考力・理解力は格段に伸びているのだから、これは明らかに勉強不足。
「その程度か?」なんて、康太に言われているようじゃダメだ。
これは・・・コブラツイストでもかけて、身体でわからせないとダメだなあ。
この後の数Ⅱの授業でも、散々ガミガミ言っておこう。

長野の藤井さんから桃が届いた。もう桃の季節なんだ。
「午前中の宅急便」と言うことだったが、ちょうどお昼を食べに帰っている。
女房がグアムから帰っているはずだから。
見ると、ルイが勉強しに来ている。
「ルイ、宅急便を受け取っておけ」
「(やる気なく)は~い」
「中身は長野の桃だぞ。お礼に一つ分けてやる」
「(にっこりと)ほんまですか!わかりましたあ~!!」
食事の後来てみると桃は届いており、一つルイに渡すと、しっかりとバックの奥にしまい込んだ。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

河原

Author:河原
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR