FC2ブログ

頑固に

中2は学校よりずいぶん進んだので、中間テスト前の今日と来週はテスト範囲の復習。
1次関数のプリントを何枚も用意する。昔の問題集は、いい問題を揃えてるねえ。
問題の配置・質がとてもよくて、「これだけは出来るように。これで賢くなれ!」
という気迫を感じる。今の問題集にはまったく見られなくなったものだ。
もちろん問題をチェックする。
・・・ミスプリント発見!修正する。・・・この問題はさすがに作りすぎ、いらない・・・
何しろ16人もいるから、色々と気を使う。
マリア・コウタ・ケン・ミノルには、この問題はどこまでアドバイスしようか?
シンヤ・ミヤセ・など、ほとんどの子の数学への理解がかなり深まっているので、
少々の応用問題でも思い切りぶつけてもいい。
厳しく躾けてきた。能力に多少のでこぼこがあるのは仕方ないが、取り組む方向性は全員素晴らしい。
ユウマなんかも申し分ないが、小5の妹チサがものすごい。追い越されないようにしろよ。

中学生までは基本的な躾けの段階だが、高校生は鍛えの段階だ。さらに厳しさを増す。
様々な高校で試験が3週間にまたがるので、手の打ちようもなく、授業を休まない。
試験が重なれば「この週は休み」なんてしてきたけど、もう休みはなくそうかな?
学校の試験は普段から自分で準備しておいて・・・の方がいいかもしれない。
自覚を持って勉強させないと。月謝をもらうときの私の「痛み」はすごいんだからね。
『こんなにお金をもらって、俺はちゃんと指導出来てるのかな?』
そのプレッシャーは25年間変わらない。「がり勉」とまでは行かないでいいけど、きちんと勉強させないと。
だから勉強もせず「ただ来てるだけ」みたいな生徒には猛然と怒る。
「高い金を親に出してもらって、申し訳ないと思わないのか!しっかり勉強しろ!」
それも25年間変わらない。そのままでは世に送り出せないではないか。
さらに大学進学を考えるなら、理解力は「一定ライン」を越えていないと通用しない。
それこそ数学なら「100点か、0点か」ほどの差になってしまう。
その差は・・・能力差も多少はあるが、一番大きいのはやはり「普段の勤勉さ」だ。
康太やモトイを見ているとそれが端的にわかる。
二人とも高校入学後、毎日毎日「ほんの少しずつ」人より勉強している。
「ほんの少しずつ」だけど、それが1年・2年・3年と続くと・・・
康太は突出してしまったし、モトイも突出しようとしている。
理解とは基本的に少しずつ深まる。その「差」は、半年やそこらで追いつけるものではない。
うちの教室では「突出」させてはいけない。みんなが賢くならなければいけない。
高校生には頑固に、厳しく接している。なかなかうまくは行かないけれど・・・

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

河原

Author:河原
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR