FC2ブログ

花より天ぷら

「京都で、うまいうどん屋や蕎麦屋を見つけるのは、難しい」

名前は忘れたが京都出身の有名人が「京都を紹介する」みたいな本を出しており、
その本の中にこの一文がある。その見解は私と同じだった。
京都は「出汁」の文化が素晴らしく、食材を組み合わせるのも抜群に上手だ。
だからうどんや蕎麦も、出汁と具の味で食わせてしまう。
しかし逆に、うどんそのものや蕎麦そのものの味をどうこうしようとは考えなかったようだ。
だから京都人のうどんの食べ方と言えば・・・

高3クラスの女子はサツキ・ユキ・マミの3人。
「ちょうど車に乗れるから、よし!明日の昼ごはんはうどんをおごってやろう」
男子は数が多すぎるから、半額の1日に分散しておごることにして、
とりあえず女子3人だ、と思ったら、サツキの妹マスミも勉強しに来ていた。ま、まだ車には乗れるわね。
この3人とも極めて優秀で、中学時代は限りなく「オール5」に近く、高校でもそれを維持している。
サツキとマミは平均4.5あたりだし、ユキに至っては4.8というとんでもなさだ。
しかし大学入試には基本的に内申点は無視される。
それは当然だ。エリート校の5と底辺校の5は同じなのだろうか?そんなはずはない。
だから高校の内申は「目安」にしかならず、強いて言うなら「推薦入試」に利用されるだけだ。
「Ⅱ類より5が取りやすいⅠ類へ行って、推薦で大学へ・・・」
未だにそう言う人がいるが、昔ほど単純ではなくなっている。
推薦で大学へ行った子が留年したり、退学したりすると「推薦枠」がもらえなくなったりする。
だから高校側も「こいつなら、ま、大丈夫だろう」と、実力を認めないと推薦はくれない。
そしてそもそも「推薦のために、内申点のために」勉強すること自体がおかしい。
それは「資格を得るための」勉強であり、自らが成長するための学びとは別のものだ。
しかも推薦とは本来、「点数をそろえたからもらう」ようなものでもない。

うちの生徒は全員がそうだが、サツキ・ユキ・マミの3人も「賢くなるため」に学び、
内申点は勝手についてきたのだ。勝手についてきたから、さて、どうしたものか?
ユキは以前から保健士の道へ進みたく、ハードルの高い大学を目指していた。
十分に力も付けた。受けに行けば合格すると私は思っている。
しかし「どうせ合格する」なら、推薦入試の方が早く決まるではないか。
「なら、推薦をもらおうか」 その方向へ動いている。
そう、「受けてもどうせ合格するから、お前は試験を免除する」それが推薦の本来だ。
「試験だと自信ないから推薦で・・・」と言う奴は、推薦でもだいたい落とされているのが現状である。

そんなに頑張っている3人に御馳走しようと、丸亀製麺についた。
サツキとマスミ姉妹は最近来たことがあるらしく、ぶっかけうどんと天ぷらは一つだけ。
『む!キャリアを持っている・・・』
ユキは初めてだし、マミも初心者である。
釜揚げうどんを受け取りレジの方へ進むと、美味しそうな揚げたての天ぷらが並んでいる。
「ナスが大好き!キャア~、イカの天ぷら♪あれえ~、かき揚げだあ~♪」
あっという間に2人の皿には5個ほどの天ぷらが並んでいた。
間違いなく丸亀製麺ではうどんが「花」なのであるが、ユキとマミは「京都人」なのである。
「うどんそのものを味わう」という習慣がない。むろん私もそうだった。
2人とも天ぷらでお腹いっぱいになり、ユキは何とか流し込んだが、マミはマスミに食べてもらっていた。
まあ、もう少しキャリアがいるねえ。
今度はうどんだけを食べてみな。それでも十分美味しいんだから。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

今度は おばあちゃんと私も行こうかと話しています。
とりあえず、場所はネットで探してわかりました。近いやん!
 うちは普段のご飯もだいたい手作りやし(上手ではないけど)、おうどんのおだしも買ってきたのはみんなが食べないので 結婚したての頃はは どうしょうかと思いましたが だんだん私もそうなってきたので、おだしがどんなんなのか楽しみです!

 それにしても、天ぷら5個は食べ過ぎやろ!
ゴリに言っときます。

ごちそうさまでした~!

No title

いやいや、ユキやマミの食べ方が京都人の食べ方ですよ。しかも天ぷらは目の前で揚げられてる。そりゃあ美味しいですよ。
けれどおばあちゃんと行くなら、ぜひシンプルに食べてみてください。「釜揚げうどん」なら出汁が辛めだから「かき揚げ天ぷら」一つで十分です。出汁を張る通常のうどんの「かけうどん」では、えび天2尾、イカ天1個で「天ぷらうどん」になります。
「手打ちうどん」でも、これを超えるうどんはそうざらにはないでしょう。美味しいうどんをどうぞ♪
しかし・・・何で私が宣伝してるんだろう?
プロフィール

河原

Author:河原
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR