FC2ブログ

夏季大会

大昔の大リーグ名投手レフティー・グローブは、とことん敗北を嫌った。
試合は徹底して勝つべきものであり、敗北は「予期しなかった恥さらし」であった。

どのスポーツクラブも今月末は中体連の夏季大会。3年生にとっては「最後の夏」である。
その前に団体の異なる「全国大会・京都予選」があり、
ヨシタカは「陸上100メートル・1年の部」で決勝進出。敗れはしたがベスト8は凄い!
すでに1年生の「山城地区・チャンピオン」であり、夏季大会京都予選で、
近畿大会・全国大会をかけて再び戦う。・・・興奮しますよ~、これは!
さらに学力をつけて自分の生活・練習内容まで考察できるようになれば京都チャンピオンも夢ではない。
そのために数学・国語・英語でさらに鍛えてやろう。
私は勉強に関してはそうでもないが、スポーツに関してはレフティー・グローブに限りなく近い。

卓球部女子はもっと凄い。やはり全国大会・団体予選で京都3位になった。
しかも準決勝は「オーダー次第」で、4番の真子が5番で出ていたら決勝進出であった。
今まで目立たなかったが、木幡中卓球部女子はすでにその力は持っていた。
「3枚看板」のナゴ・リサコ・真子は1年生の夏のデビューでベスト4に進んでから、宇治市では
この3人の同志討ち以外に、団体・個人ともにほとんど負けたことがない。
ナゴが1年の時の団体戦で1敗、リサコはこの春の個人戦で1敗、真子はいまだに無敗だ。
しかし1ダブルス・4シングルスの団体ではこの3人しか勝てず、
誰かが負けると団体も敗れ、1・2年の時は山城地区3位で京都大会を逃している。
この最後の夏へ向けてしかし、2年生ペアのダブルスが急成長し、ほとんど負けなくなった。
これはすごく大きい!3枚看板の一人が負けても団体では勝てる。精神的に余裕が持てる。
おそらく今のチーム力は木幡中の歴史の中でも「空前」で、残念だが「絶後」の強さだろう。
ナゴはシングルで京都ベスト8の力を持ち、団体では相手のエースが逃げるほどだ。
真子とリサコもベスト8クラスの「超大物」以外には負けない。ダブルスが強い。
「ただの市立、並みの中学校」で、これほどの戦力がそろうことなどめったにない。
宇治市予選は「圧倒的な強さ」で団体・個人ともに通過し、次が山城予選。
ここには先の全国大会予選で決勝に進出した「男山二中」がいる。
同じ山城地区に京都トップの2中学がいるのだ。
力は男山二中が「やや上」だが、勝敗は「オーダー次第」である。
幸い1位・2位が京都大会へ行くから、共に通過するであろう。
山城大会は25・26日、京都大会は28・29日に「太陽ヶ丘」で行われる。
幸いうちの夏休み期間である。観客席で大声を出してこよう。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

河原

Author:河原
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR