FC2ブログ

学びの躾

表紙
高2は三角関数基礎論のまとめで、2次関数への応用をやった。
この先どの単元でも2次関数へは帰ってくるし、今までもよく出ていた。
1年で2次関数をやったのはタケルとカホだけで、他の3人はいなかった。
今やらせてみると、やはり3人は平方完成ができず、グラフが書けない。
タケルとカホはきちんとこなせる。5人に頭脳的な差はほとんどない。
差は、知識の整理など、学び方への躾けられ方の差だ。
1年の2次関数でその構造を知ることができたかどうか、
グラフを書くだけで多くのとらえ方があるのを知ったかどうか。
もちろんその都度「完璧に」などとはできない。
10個のうち4つも間違えたらやり直しだ。1つ・2つのミスなら、ま、先へ進もうか。
私がやっているのは、そういうさじ加減の判断に過ぎない。
それはとてつもなく面倒な作業で、もう、忘れられた作業だ。
だからタケルやカホも「元から頭がいい」などと言われるのだろうか。
まったく違う。躾けられているだけだ。
小学生や中1などは、基本的に知識が「いびつ」で、躾が始まったばかり。
高1はまさに2次関数に入ったばかり。さあ、このアホどもを、どう躾けていこうか。
授業中によく観察して判断するのは大変だけど、30年以上やって慣れている。
それが私の日常で、そういう意味では穏やかな日々が続いている。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

河原

Author:河原
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR