FC2ブログ

愛しのゴーヤー

や、燦々と太陽が降り注いで、いい天気だねえ。
生徒達にとっては「なんで学校のクーラーが始動せえへんねん!」と怒り、
ふうふういいながら帰ってくる季節になったけれど、ゴーヤにとっては非常によろしい。
ちょん切ってしまった自宅のゴーヤー。子蔓が2本、メキメキと伸びてきた。
教室では一番高いものは3メートルほどにもなり、デッキに座ると私の姿を隠すほど。
ちらほらと雄花は毎日咲いている。そして小さなニガウリ「ちびニガ」も何本か・・・
楽しみだあ~♪
私は「食べたいから」ゴーヤーを育てている。「緑のカーテン」にはあまり興味はない。
間もなく雌花が咲く。放っておいてもいいのだが、雄花を取って授粉する。
虫に任せるよりは確実だ。
授粉してから2週間も過ぎれば、もう何時でも食べられる。
3週間を過ぎると「爆発」する可能性が高くなる。よく見ていても「うっかり」爆発させてしまう。
そう言うのは種を取るしかない。
そうならないようよく観察し、頃合いの朝に収穫する。実はつやつやとして張りがある。
売られているゴーヤーは「ふにゃ」っとしているものが多く、味が全く違う。
康太や真子も教室のゴーヤーで味を覚え、夏の弁当の主役はゴーヤーだ。
珍しいから友達も「味見させて」というので分けてやるのだが、皆「おいしい!」というらしい。
おいしいし、ビタミン・ミネラルは他の野菜と比べ物にならないし、
7~8月の我が家族4人は「ゴーヤーを食って生きている」と言って間違いない。
飽きることなどありませんよ。どうにでも調理できるから。
薄く切ればサラダでも食べられるけど、私は基本的に熱を加える。柔らかくなって食べやすい。
炒めて良し、煮てもよし、天ぷらでもうまいですよ。
「鰹節としょうゆ」でもうまいし、卵とじも捨てがたいし、
シーチキンとマヨネーズで和えた「貧乏人の友サラダ」はミサヤ母さんからも絶賛されている。
しかも今年は「ゴーヤー・アップルジュース」も予定しているから、
一度に大量収穫になっても余る心配などないだろう。いや、むしろ足りない。
・・・あゆ母さんやまちゃみちゃんは「まったく手をかけない」だろうから、
爆発させるくらいなら、こっそり私が収穫してこようか?
でも、ユウキ・ナナセ・ルイ・ミヤセと「成長期の子供」には食べさせたほうがいいけどね。
もちろん我々には「老化防止」になる。

子蔓が2メートルほどになり、脇から孫蔓もどんどん伸び始めた。
毎朝せっせと授粉して、大量収穫も、もうすぐだ。
・・・分けてやらないからね!こんなにいい食べ物は、我が家で全部食べてしまうから。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

河原

Author:河原
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR