FC2ブログ

進路選びの盲点

三ヶ月も学校が休みになって、一番大変なのは中3・高3だろう。
「来年度に持ち越して範囲を終える」とはいかないからだ。
進路の参考になる模試もないため、自分の位置もわからない。
早くから方向を決めている生徒はひたすら学びを深めればいいが、
思いつき、行き当たりばったりで進もうという子は行き場を失いやすい。
国立大学の2次試験教科だけを見て、「数学と理科だけでいいんだ」
「数Ⅱまでで数Ⅲはいらないんだ」と言うところだけを見てしまう。
ま、高校生にその問題内容を見ろと言っても無理なんだろうけど、
レベルの高い大学だと数Ⅱだとか数Ⅲだとかではなく、
「数学そのものがわかるか?」ということを聞いてくる。狭いジャンルではない。
うちの生徒は数学で得点を稼ぐ生徒が多いのだが、
それは数学そのものを学ぶ練習を繰り返すからだ。
傾向と対策とか、必勝法など何もなく、数学そのものの力がついているからだ。
ただし、数学だけではダメで、国立はバランスを要求してくる。
「語学や社会が嫌いだから数学と理科だけなら・・・」
その前にある共通テストのことを考えていない。
そこではきちんと5教科7科目が課され、しかも8割を取らないといけない!
7科目の全部で80点を取るって至難の業なんですよ。
お前、何点取れる?やっと6割?それじゃあ2次に進めないんだよ。
国立大の難しさはそれで、皆センターテストに一番緊張した。
そういうことを知り、考え、対策を取れる子でないと、国立は無理だ。
とはいえ、大人から見ればセンターや共通テストは一般教養だ。
大変なのはわかるけれど、一般教養がないと先で苦労するだけ。
若いうちに苦労はしておいた方がいい。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

河原

Author:河原
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR