FC2ブログ

初夏

今年の5月・6月はとても涼しかったね。
確か去年も5月は「寒かった」けれど、6月から「猛暑」となって、
まちゃみちゃん家のゴーヤが壊滅的なダメージを受けたっけ。今年は大丈夫だろう。
空はまだ雲ばかりだが、確かに夏は近づいてきている。とても蒸し暑い。
とたんに女の子はバサバサと髪を切ったようだ。
授業前にフリースペースで勉強している女の子がいる。
短めの髪を小さくポニーテールにしている。「誰だ?あの子・・・」
髪はルイっぽいけど、制服が違う。ユウカ・・・にしては細すぎる・・・
最後まで誰だか分らなかったが、高1のミヤビだった。
腰に届くほどの髪だったのに、バッサリと切ったようだ。
妹のミサヤはもともと短かったが、中学からはほとんど「坊主刈り」になっている。
サチエが教室に入って来た。これまた腰までの髪をバッサリと「おかっぱ」に。
小学校の時からずっと長かった髪を始めて短くした・・・のに、誰も気づかない。
20分ほども話をしてたミツハが、「あれ?髪・・切った?」 
気づくのが遅いわい。サチエって、意外と存在感ないのかもね。
暑くなると、やはり長い髪は邪魔になるのだろう。他に長い髪の娘はいたっけ?

今日から中学は期末テスト。先週の土・日あたりからたくさん「自主勉強」に来ている。
モモカなんて一ヶ月前の中間テストから毎日来て勉強している。すごいわ。
夜になると、ミサヤはカップめん、モモカが焼きそばを、勝手にお湯を沸かして並んで食べている。
モモカははっきりと顔つきまで変わった。
クラブに勉強にと活発になり、仲間とたくさんお喋りし、何らかの自信を得たのだろう。
それが内面から湧き出ていて、表情に美しさがあふれている。とても喜ばしい。
たぶん学校生活のすべてが楽しくて、すべてに感謝の気持ちも持っているはずだ。
そういう気持ちが子供をまっすぐに育てる。
イタリア最強のサッカーチームで活躍する長友も言っている。
イタリアへ行った当初は「臆病だ」と酷評されたが、彼はそれをあっさりと認めた。
「臆病だったんです。周りが見えなかったんです。心のトレーニングを始めました。
 それは・・・たとえば今食事を食べられることへの感謝。
 今生きていることに、生かされていることに感謝するようになりました。
 すべてのことをそういう風に見ていくと、サッカーでも突然視界が開けてきました」
彼は今や10億円プレーヤーだ。

黒板に宿題を発表しながらミツハが、
「学校の数学?いま何やってたっけ?授業聞いてへんし、わからへん」
さっそく長友の受け売り。
「だからミツハはまだバカのまんまなんやろ。仮にヘタな授業でも、
 聞けることに感謝して勉強しないと。その積み重ねでしか賢さは育たへんぞ」
それは本当だ。伸びていく子って、例外なく授業を大切にし、感謝している。
暑くなって何もかもが活発になる初夏。
そう言う感謝をわからせようと、特に高1には説教と数学のダブルパンチで鍛えようとしている。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

河原

Author:河原
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR