FC2ブログ

与えられるだけで 満足?

2時間の授業の中で私は、出来るだけ多くの考え方を示し、出来るだけ多くの問題を解かせてやりたい。
けれど2時間は「あっという間」に過ぎ去ってしまい、年間を通じて考えてみると、
結局は「最低限ギリギリ」のことしか生徒には与えられていない。
しかし「それでよかった」と、いつも思う。
そもそも「すべてを教え込む」などということは不可能だし、教育的な意義もそこにはない。
進学塾で頑張る学生が言う。
「ライバル塾は鬼のようにやらせるんですよねえ。ものすごいです」
2種類の「新中問」(この、不必要なほど問題数が多いのが特徴の問題集)をすべてやらせたりする。
そりゃあ1時的に点数は伸び、親も喜ぶだろう。その問題点など誰も考えない。
それって3度の食事に「肉1キロ・魚1キロ・野菜果物それぞれ1キロ、ご飯5杯」
を食べさせるようなもんですよ。ほとんど「ギャル曽根」くらいにしか食べられない。
いや、ご飯はそんなに食べられないけれど、勉強はいくらでも・・・
いいや!同じことですよ。大抵は身体も心も壊れてしまうんですよ。
食べてしまう子もまれにはいるけれど、ほとんどの子はそんなに食べられない。
食べられない子は大抵「思考を停止」してしまう。
機械的なパターン作業を繰り返すだけで、その意味も理由も考えなくなる。
「進学校にも入れ、進学塾にも行かせてるのに、全然成績が伸びない」
なんて言われる生徒は、間違いなくこのパターンに陥っている。
1~2年「食べる量」を減らしてやると改善もするだろうが、たぶんそういう発想はしないだろう。
さらにひどくなると、「それを栄養剤にして、飲むだけで賢くなるようにしろ」と言い出す。
その“一つだけを覚えれ”ば、すべてが解けるように教えろというのだ。
今笑ったあなた!笑い事じゃありませんぜ。我々は知らぬ間にそういう空気の中で生きている。
料理などしなくていい。どんなものでも調理済みでいくらでも売ってくれる。
洗濯はクリーニングに出せばいいし、掃除は「動き回る掃除機」がしてくれるし、
もっと面倒くさければ、いっさいがっさいを「アコム」でやってくれるらしい。
それをやってもらうと確実に我々は、料理も掃除・洗濯も出来なくなっていくだろう。
勉強も同じですよ。「すぐに出来るようにしろ」と言い続けることで、何も出来なくなる。
アコムがやってくれるように、勉強も塾がすべてやってくれると思うと、ひどいことになる。

前回の「センター数学」では、一つだけ「有名な応用問題」を説明もせずに宿題に出しておいた。
どの教科書や問題集にも「類題」は載っている。自分で調べさせようとしたのだ。
2年生にはそういうことはしないが、3年生にとっては「復習」だから。
ところが、それをやって来たのはミクだけで、コウヘイもハルカもやれていない。
三角関数は2週もかけて詳しく復習したのに、3人とも「角度の処理」が出来ていない。
「バカ者!!お前たちは俺の例題を真似してるだけだ!その意味を理解しようとしていない。
 それだと簡単にごまかされるし、数字が違うだけでも解けなくなるわな?
 まだ数学を“そういうもの”だと思っているなら、お前たちは数学を
 大学入試に使うことはできない。数学のない受験を考えた方がいい」
そう言って授業を終えた。本気でそう思っている。
私が帰るときに、ミクとハルカは教室に残り、私の解答プリントをみて検討し合っている。
コウヘイはフリースペースの隅っこに座りこんで、何やら書き込んでいた。
いっそ「大量のパターン問題」を示した方がこの3人は、2時間だけ満足するだろうが、
1ヶ月もするとすべてを忘れているだろう。理解されないからだ。
「何でお前たちは“自分なりの理解”をしないんだ!数学なんかやめちまえ!」
そう言われた3人は、それぞれに「自分なりの理解」を求めて動こうとしていたのだ。
その作業に私は「受験を超えたもの」を見ているが、受験にだって「最短距離」だと思っている。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

河原

Author:河原
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR