FC2ブログ

配布開始

一気に冊子化できたので、昨日から今年の発表を配布し始めた。
今年のドラマは「従妹のプレッシャー」。間もなくここにもアップしますね。
中学も高校も、今回の卒業生はどの子にもドラマがあったなあ。
さらに学びの姿勢を深め、世間とのバランス、調和がとれる人間に成長してほしい。
「自分の点数だけ見て、周りを見れない人ばかりになったら、日本はどうなりますか?」
塾の宣伝はいいことばかりを言うけど、これは本当に考えてほしい。
皆が自由に生きる風潮がすごく広まり、フリーランスがすごく増えた。
昔は職業として成り立たなかったんだよね、食えないから。
それが増えたのはいいことだとは思うけれど、一人で勝手にふるまえるようになって、
集団としてではなく、個人で生きられるかのような錯覚が広まりすぎてるんじゃないかな?
毎日必要な衣・食・住も一人で作ることはできず、人に頼ってるのにね。
フリーランスは「すべての責任は自分で負う」ということだから、
「コロナで食えなくなったから国が保証しろ」は、おかしいと言えばおかしい。
コロナのような「国家的危機」は、日本では戦争以来70年ほどなかった。
皆で寄り添い、支え合って生きるしかないことを、これを機に思い出すのがいいと思う。
教科を学ぶ中でうちの生徒には、常にそのことを考えさせよう。
それで今日もコウスケには説教だなあ・・・いやんなるよ。でもやらないと。
去年の区切りがついたあ~!もう、今年を、未来を見つめて授業できる。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: 学ぶこと

> 昨日、大学の情報説明会に行き、友人ができました(笑)
> 仕事=仕事の付き合い それ以外のことで人とつながる機会から遠のいていたことに気づきました。
> 肩書きのない自分に声をかけてくれる人がいる!
> 利害関係がないのにいろいろな話をする!
> 社会人になってしばらく忘れてました。

確かに。学生やサークルは肩書や利害関係に無関係な付き合いができるのが素晴らしい。

> ちなみに、保育所の先生をしていて、発達障害の子供たちを受け入れたくないという方針が納得できずに何年も変革しようとしてもかえられず、退職して、大学院に入学したそうです!
> どんなハンデや苦手があっても、互いに認めて助け合って努力しあって、生きていくことを小さいときから経験して行くことが教育だと思うんですってはなしてくれました。

 いいねえ。忙しすぎた現場ではつい置き去りにするそういう考えを、
 1年間、そういう友と共に、ゆっくり考え、語り合うといい。
 コロナ騒動が収まったら、3人で、蕎麦屋ででもじっくり語り合いたいな。
プロフィール

河原

Author:河原
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR