FC2ブログ

「超速」はすたれ始めている?

高1は2次関数の「場合分け設定」で、早くも高1の山場を迎えている。
ここ数年どの高校も進度が速すぎて、整えてやるのに骨が折れる。
「中高一貫」がもてはやされ、「3年分を1年半でやる」ことをこぞってやるようになったからだ。
そうやって「良い学校」へ優秀な生徒が集まり、たいていが潰されていった。
その「本家本元」は洛南だが、洛南がもうそれをしていないことは意外と知られていない。
もう莵道高校と同じくらいのスピードですよ。そんなに速くもない。
「速すぎても生徒が潰れるだけだ。そう言うことはもう、やめよう」
と洛南側が思ってやめたのなら、私は洛南の評価を変えなければならない。
それはこの10年ほど、「中堅私立」の関係者と話す機会がある都度、私が訴えていたことだ。
「洛星・洛南へ行くような生徒が来てるわけでもないし、なぜそんなことをするの?
 せっかくの生徒をつぶすだけじゃない。6年かけてじっくり育てた方が評価も上がると思うけど」
「本当には!そうなんですけど・・・その成果が出るのは6年後でしょ?
 うちらのような中堅私立に・・その余裕はないんですよ。
 今、スピードをアピールしないと、来年の生徒が来てくれない。
 どこもがそれをアピールするから、うちもやらざるを得ないんです・・・」
極めて納得できる説明である。
今時「1分しか」待てない親や子に、6年も待てというのは無理かもしれない。
その結果中堅私立は「4年で6年分」をやるような速さになっている。
賢くなってるのかって?・・・なるわけないでしょ!!
公式だけ並べてどんどん進まないと終われないスピードですよ。理解など出来るわけがない。
「うちの子中堅私立だけど、中間・期末の数学の平均点はいつも90点ですよ」
そうやって親は騙される。点数しか見てないものね。
その試験問題は「何で100点じゃないの」という「超基本問題」ばかりのはずですよ。
全国模試を受けさせてみればすぐわかりますよ。「実態の偏差値」が出てくるから。

公立の「スーパーⅡ類」なんかも猛烈に速かったのだけど、どうやら嵯峨野はやめたみたい。
堀川や桃山は相変わらず「3年分を2年で」のスピードだけど。
京教は今の3年生が猛烈なスピードで、おかげでユウカなんかボロボロにされたけど、
今の1年を見ていると、速くなく、じっくりと取り組ませている。
おかげでうちの方が少し速いくらいで、メイミなんざうちの授業でフラフラになってるから、
遠慮なく顔面に右フックを叩きこんでいる。
ゲンキは桃山でスピードは速いが、この子は理論がしっかりしてきたので大丈夫だ。潰されはしない。
東宇治は唯一「鈍足な授業」なのだが、それが気楽なのか、ミヤビとクニカズは俄然
「やる気」になっている。これだとすぐに「校内トップ」になるだろうから、
モチベーションはさらに上がるだろう。
一番数の多い莵道だが、うちとほぼ同じ速度なので、これもよく頑張っている。
ミツヨシはフラフラだが、この子は中学時代からそういう子で、そうやって育つ子だ。
リョウなんか音を立てて伸びている最中で、1年後にはショウやマスミなんかとトップを争っているだろう。
「う、うちの子が・・・?」
今までいっぱい見てきたが、リョウの母ちゃんだってびっくりするはずだ。
サチエは変わらずトップクラスだし、そんなのに引っ張られて、ダイスケ・ミツハ・リョウヘイ・タクト
トモト・カンタロー達も方向性は素晴らしく良くなっている。
じっくりと、厳しく育てていこう。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

河原

Author:河原
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR