FC2ブログ

新たな風 初の女性英語講師

今までこの教室の英語講師は3人の男性がそれぞれ10年ずつ
30年に渡って支えてきてもらった。ありがたく、感謝している。
そして今回の教室の刷新とともに、初の女性講師を迎えることとなった。
マツモト先生は某大学の英語講師をされている。
そんな方が、こんなに安い費用で、なぜうちに来てくださるのか?
実は娘さんが保育園から真子の同級生で、女房と友達だった。
ずいぶん以前から「いつでも手伝うよ」と言ってくださっていたんだ。
主に高校生以上の英語を教えてこられていて、
中学生は少ししか見られていないが、実力は申し分なし!
ただ・・・今の中・高校生の「語学力」には、改めてびっくりされるのではないか?
「大学生の英語力低下がひどくて・・・」と言われるが、それは当然。
中・高校生で語学そのものが崩壊してるんだもの。
今どきそれがそのまま大学へ上がるのだから、大学講師はため息だろう。
なんとかしようと国も今年から小学校英語を「教科」にするが、
残念ながら、悪くなりこそすれ、良くなることはないだろう。
「教科」になれば「アレルギー」を起こす子が増えるだけなのは歴史が証明している。
高校や大学の先生たちが嘆くのは、生徒の知識量の少なさではない。
学ぶことがどういうことなのか全くわかっていない「姿勢」を嘆くのだ。
「速く・安く・簡単に」という牛丼のような思考が教育を飲み込んでしまっている。
塾やメディアの強烈な後押しでそうなってしまった。
しかし牛丼と教育は真逆の性質を持っている。「速く・安く・簡単」な教育など存在しない。
それをやれば、それは教育とは言わない。
一般の人にそのことはわかりにくいのだろうが、教師は皆うんざりしている。
教育がやりたいのに、教育じゃないことをやらされるのだから。
私はどんなに時代遅れと言われても、今まで通り教育を追い求めよう。
よくわからないことを追い求め続けることこそが「教育」だと信じるから。
小6の女の子たちにマツモト先生を紹介したら、皆大喜び。
やはり女子は女性講師の方がいいみたいだ。
この新たな風と共に、教育を追い求めていこう。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

河原

Author:河原
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR