FC2ブログ

チャンピオンスポーツ

朝や夕方にジョギングしているのはエンジョイ・スポーツで、
タイトルを狙いに行くのがチャンピオン・スポーツ。
ただ楽しむだけで始めても、どこからか勝ちたくなるのは必然で、
どうしたってチャンピオンスポーツに踏み込んでいくものだろう。
ただそれはいばらの道で、苦しさばかりの日々となる。
東京オリンピックの卓球日本代表は2枠。
女子は伊藤が決まり、最後1枠を石川と平野が最終試合まで競った。
結局石川に決まるのだが、二人とも試合後、泣きながら同じことを言った。
「この1年は思い通りに勝てなくて、苦しくて辛くて、
 大好きだった卓球が嫌いになり、もうやめようかとも・・・」
“頑張れれば、結果は無関係”などというのはエンジョイスポーツで、
チャンピオンスポーツでは「決勝で負けるなら、1回戦で負けるのも同じ」となる。
出場する誰もが優勝しか狙っていない。しかし優勝するのは一人だけ。
優勝者だけが栄誉も金も、すべてを持って行く。辛くても、それがチャンピオンスポーツ。
そういう世界は高校生以上が、自分の意志で踏み込むなら納得だが、
その何たるかもわからない小学生や中学生にやらせるのは、私は反対。
「いや、この子がやりたいというから」
違うね、子供はわからないから、それは親がやらせているだけだ。
「勝ちたい」という親の欲望を子供に押し付けるのはよくないと思う。
しかし石川や平野は自分の意志でそこへ踏み込む。それには反対しない。
全日本卓球選手権が大阪で開催されている。
一般で勝つのは張本君と伊藤ミマだろうな。いばらの道だからこそ、優勝者は美しい。
ジュニア(高2以下」もやっていて、昨日で2回戦までが終了した。
小さな頃見ていたカリンが勝ち残っている。3回戦はライブ配信され、12時25分からだ。
早めに昼食を済ませ、しっかり見ようと思う。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

河原

Author:河原
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR