FC2ブログ

「わかったつもり」はダメ

問題の構造を懸命に説明して、練習のために基本問題をやらせる。
そうだな・・それがたまたま二つの数字をかければいいとなると、
たいていの生徒はもう文章なんか読みもせず、出た数をかける。
本当には「なぜかけるといいか」を考えてくれるといいんだけど、
そこはなかなか考えてくれない。
試しに同じ問題を図形にしてやらせると、もう何をしていいかわからなくなる。
これが一番ダメ。数字をかけただけでわかったつもりになってる。
だから入試問題で「なぜそれをかけるのか、説明しなさい」とやられてなにも書けない。
いつまでたっても数学そのものがわからない。
これを直そうとすると大変で、時間もものすごくかかる。
だから塾なんかではそういうことはやらない。パターンを暗記させるだけだ。
中学まではそのほうがそこそこの点数になりやすいから。
点数取らせないと親が文句言いに来るからね。余計にそうなる。
けれどこれ、高校以上では通用しなくなるんだよね。
「なぜそうするか」の方に質が変わっていくから。
うちの生徒の多くが高校から頭角を現してくるのはそれによる。
中学から時間をかけて生徒を観察し、
「おどれ、なんもわかっとらんやんけ。もういっぺんこれでやりなおさんかい」
そんなことばかりやってるから、点数になるのは遅かったりもする。
けれどうまくいけば、高校あたりから一気に開花する。
まあ、もうひとつわかりきらない生徒も出てくるが、
学びの本質と方向性がわかれば、社会へ出てからさらに伸びるだろう。
「こんなんも処理でけへんのけ!」
昨日も高2に怒鳴りつけておいたら、授業後、アヤとミクは居残って復習していた。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

河原

Author:河原
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR