FC2ブログ

理解の意味

真子がまだ小学校の低学年の頃、店の看板を読んだ。
「寿屋」と書かれているのを「す屋?変な名前やなあ?」
なるほど「寿司」と同じ字だ。「ことぶき」という読み方は知らなかったようだ。
私が小学生の時にはどちらも読めなかったし、それが「同じ字だ」と認識もできなかったろう。
だから漢字がなかなか読めず、書けもしなかった。
そういう横のつながりがないと覚えられないし、さらに踏み込むと、
その漢字自体の意味がわかれば、完全に理解できる。
真子は英語も韓国語もそう言うとらえ方ができるから、すぐに話せたのだろう。
そう言う理解の仕方は教科を問わず重要で、数学でもそうだ。
対比の意味がよくわからない生徒は結構いる。
相似形では3:4=15:Xと書き、内側と外側をかけて、3X=60として解いた。
「倍率が同じ」と言う解き方なのだが、これは少し難しく、形だけになりやすい。
三平方の定理では別の考え方も導入する。
3;4って、要は「3つ分と4つ分」と言う意味で、1つ分の大きさは問わない。
今は3つ分が15㎝だから、そりゃあ1つ分は5㎝だろう。だから4つ分は20㎝だ。
ところが・・・それがよくわからない生徒もいる・・簡単だと思うんだけどねえ。
1つ分を求めずに、3:4の形でしか解けない。横のつながりがない。
私はそれを許さない。絶対にわからせないと気が済まない。
宿題で3:4:5と5:12:13を出しておいたから、今日は方眼紙でも用意しようか。
3つ分・4つ分・5つ分の線を引かせて、「5つ分が30㎝だったら?」
まるで小学生の授業だが、理解のためにはそれも必要。
やれやれ、受験へ向けて、大変ではある。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

河原

Author:河原
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR