FC2ブログ

研究職の悩み

康太は先日29歳の先輩の結婚式に参加したようだ。
相手の女性は地元愛媛の女性で、とても幸せそうだった。
そりゃそうだわね。
東レの研究職なんて京大・東大ばかりだし、高給取りだし、
地元愛媛に住んでいられるし。
私も女房の実家が竹田なのでつくづく思ったが、
女は実家近くに嫁ぐと何かと便利でうまくいく。
しかし・・・・
康太の隣でもう一人の先輩は、がっくりとうなだれている。
「俺も結婚直前まで行ったけど、最近突然破談になったんだ」
「何があったんですか?」
「時々フランスやアメリカの研究所にも勤務しなきゃならんが、
 日本ではここ松山だからそう言うと
 “え?私、愛媛なんかに行かないわよ”って。それで終わり・・・」
え~~~高身長、高学歴、高収入って、女性が望む結婚条件の最高峰じゃないの?
3Kだかなんとかって言うよね。それでも愛媛に住むというだけで断るの?
どういう女性なんだろう?東京の名家の令嬢ならわかるけど・・・。
しかしこれ、男の方の悩みでもある。
研究室の職員は愛媛はおろか、四国の出身もほとんどいない。
いつかは故郷へ帰りたいし、愛媛に根付くつもりはない。
だから結婚している先輩は全員賃貸マンションで、一軒家はかまえない。
いつか出ていくつもりだからだ。
けれど複合材料研究室は松山にしかないし、研究は楽しいし、
高収入だし・・・どうすればいいのかな?
やがては康太もぶつかる悩みだけど、実家が宇治だとまだましかな?
将来女房子供はこっちに住まわせて、毎週末帰ってきてもいいんだし。
その前に先輩みたいに愛媛の女につかまったら別だけど。
これから輝かしい研究生活を送るけれど、それなりに悩みはあるんだ。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

河原

Author:河原
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR