FC2ブログ

会社に満足

私も就職の時には東京・埼玉で3週間の研修を受けてから
それぞれが赴任地へ散っていったのだが、研修中から同期とは
「ひどい会社に来たもんだな、地獄のようだぞ」なんて話していた。
しかしそれは序の口で、本当の地獄は赴任してからだ。
曲がりながらも大卒なのに、ただの作業員扱い。
残業は月に200時間越えでも8時間しかつかない。
プレハブの六畳間に3人で寝て、朝飯は味噌汁だけでおかずなし。
昼と夜は500円の弁当のおかずを二つに割って食べていた。
まかないのおばちゃんが
「割れるおかずならいいけど、鳥の腿焼き1本だと、どう分けていいか・・」
なんて愚痴をこぼしてたもの。
そのくせ寮費と布団代、ご飯代で何万円も引かれ、
額面20万円の給料が手取りは7万円ほどに・・・
大阪へ赴任した同期は「雨が降らないと、日曜・祝日も休みなし」
なんて言ってて、2年もたずに辞めたっけ。
しかし誰に聞いても、程度の差こそあれ、似たようなものだったし、
働くってそういうもんだとあきらめていた。
ところが康太は・・・・
「そろそろ車を買おうと思うけど、中古のアクアなら100万であるかな?
 100万ならキャッシュで買う」
・・・キャッシュで!私は会社で100万なんて貯めたこともない。
「寮費はタダみたいなもんだし、社員食堂は200円で食い放題だし、
 工場もあるから24時間風呂は沸いてるし、給料丸ごと使える」
今どきだから残業はなく、5時に仕事は終われるしね。
そう言えばすぐにボーナスで7~80万入るし、100万くらい軽くキャッシュだ。
仕事の研究は上司の承認が要るとはいえ、企画をどんどん思いつくし、
上司も「面白い、ぜひやってみろ」と言ってくれるので、
自分の思う研究をガンガンやれるし、その分勉強は大変でも
「会社には満足、何の不満もない」
・・・・そんな仕事、職場もあるんだな、父ちゃんは初めて知ったよ。
康太は今日松山に戻る。満足して働けるのは、素晴らしい。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

河原

Author:河原
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR