FC2ブログ

誰もが凡人だけど ②

私も高校までは歴史なんて年号暗記にしかすぎず、
その中身、出来事にまで踏み込めない凡人なバカだった。
それはたぶん歴史にとどまらず、数学でも同じだったと思う。
自分のアホを自覚していてコツコツ勉強はしていたのだけど、
数学のとらえ方・構造にまでは踏み込めてなかったと思う。
年号よりも、公式よりも、もっと根本的なことがある。
それに気づけないことが、勉強ができないということだ。
柱の体積は底面積×高さだが、小6の連中は面積公式を忘れている。
これが年号暗記で、中身の関連付けができないということだ。
面積って、どういうものだっけ?と思い返すことができない。
面積は平行四辺形の底辺×高さだと約束すれば関連付けられる。
三角形でも台形でも、同じものを並べると平行四辺形になる。
だからその平行四辺形の半分だと知れば、公式などいらない。
ところがそんな簡単なことにも、我々凡人はなかなか踏み込めない。
小学生にとっては面積公式は年号であり、すぐに忘れてしまう。
どうしてだろう?一つには、人や教師の話を聞けないということがある。
私が面積の約束を懸命に話しているのに、ノートに絵を描いていたり、
じっと自分の爪を眺めていたり、隣の子に話しかけていたり。
昔からそういう生徒は「アホのままでいるがいい」と放ったらかしにしたものだが、
本気でその子を育てようとするなら、そここそ放ったらかしにはできない。
「こら、ここが大事だ、よく聞け!」何度も言い聞かす。
しかし優しく言われているだけでは、なかなか態度は直らない。
そんなかつての私のような奴は、ときに烈火のごとく叱られないとわかりはしない。
優しさとは何か?厳しさも恐怖も、育てるという優しさの内だ。
今の公教育は厳しさや恐怖は排除してしまった。
優しさだけでは私のような凡人はつけあがるだけで、育たない。
私は大学から社会人となるまで散々殴られ続けて、少しはましになった。
踏み込み方が身になじむと、歴史もスポーツも音楽も、どれもが数段面白い。
それだけで人生はもっと面白く、楽しくなる。
踏み込み方を知るのは、私みたいに遅くない方がいい。
まずは姿勢を正さねばならない。今の私がやっているのは、それだ。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

河原

Author:河原
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR