FC2ブログ

一途さは痛快だけど

地球温暖化に対するグレタのスピーチは痛快だったねえ。
「温暖化は生物絶滅の危機にまで来ているのに、放ったらかしにし、
 ありもしない技術で救えるなどと、よくも私たちをだましてくれたわね!
 私たち若者はもう知ったのよ。ずるい大人を許さないわよ!!」
高校生が、世界の舞台で、鬼の形相で怒りをぶちまける。
まわりの大人がよくこの舞台を作ってくれたね。痛快この上なかった。
今の日本の高校生でこれだけ言える子は、残念ながらいないね。
私も若ければ拍手喝采を贈るんだけど、年齢がそれをためらわせる。
若者はこうでなきゃいけないんだけど、若さゆえに、一面的すぎる。
温暖化ねえ・・・本当に温暖化なの?
一部のデータだけを見ればそうも言えるんだろうけれど、そうじゃないデータもたくさんある。
二酸化炭素などの「温室効果ガス」を抑えれば、温暖化は止まるの?
すべての車を電気自動車にしたって、二酸化炭素は減らないよ。
それは海から圧倒的に出てくるし、その次に工場かな。
全部の工場を止める?いっぺんに生活できなくなるよ。
火力発電は二酸化炭素をいっぱい出してダメだねえ。
けれどそういう意味ではクリーンな原発も、危なくて駄目なんでしょ?
水力や風力だけでは電気は賄えませんよ。
電気が来ないと生活できなくなるのは、ついこの間日本は経験したよ。
人は贅沢になりすぎたんだけど、原始時代には戻れない。
まともな大人は決して、君たち若者をだましちゃいませんよ。
懸命に考えてるんだけど、複雑すぎて答えが見つからないんだ。
けれど大人はそれを口実に、惰性になっているかもしれないね。
君の鬼の形相はそんな大人をハッとさせてくれて、とてもよかった。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: No title

> 考えて、考えて、考えた自分の意見を述べる。
> 反論されて、また考えて、考えて、突破口をさがす。
> また、くつがえされて、考える。
> 何度も何度も繰り返す。繰り返す。
>
> そんな忍耐が、今の子どもたちには足りない。
> 高校生、大学生、もっともっとエネルギーで溢れているのに。
>
> 先生、そんなんいうけどさぁ
> それ、ほんま?違うんちゃうん?
> これやとあかんの?なんで?
>
> 教師になった頃、たくさん聞いたこの言葉。
> 答えられなくて悩んだこともあるけれど、彼らの質問からたくさん学ぶことがありました。
>
> 今は…素直で良いこに見えますが、何の反応もない。
>
> 生徒 どうするのが一番いいの?わかった。答えは?覚えるわ。
>
> 私 …なんか疑問はないの?公式って証明できるんだよ?
>   なんでそうなるか、気にならないの?
>
> 生徒 え?数学なんて便利な公式とパターン暗記するだけやろ?
>
> もはや、数学の面白さどころではない気がする今日この頃。
> ちなみに、この生徒、偏差値は70超えてます…

解答はなんとなく見えているのに、そこへの行き方が難しい。
もう言う迷いの見えてくるのが大人だね。
グレタのように迷いなく叫びたいけども、そうはできない。
それがストレスでもあり、生きる楽しさでもあるように思えてきた。
またラーメンか蕎麦でも食べに行こう。
プロフィール

河原

Author:河原
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR