FC2ブログ

学びのフォーム ② (集積する)

コンクリートや複合材料の強度は実験データを取るだけだ。
検体を作っては壊す実験を繰り返し、ひたすら壊してみて、
その壊れ方にもいろいろとばらつきはあるが、
「まあ、これくらいなら壊れないだろう」と強度の目安にしている。
その壊れ方を数式の関数にして考えるなど、誰もやれるとも思っていない。
それを康太はたくさんのデータをゴリゴリと数式にしていき始めた。
様々な壊れ方をするが、全体としては一つの関数になりそうだという。
なるほど・・・・私が言う学びのフォームもそうやって集められた関数だ。
30数年の様々なデータが集められて考察したものだから、
「どうやったらそれを学べるのか」と問われても、
そのきっかけは多岐にわたり、とても「こうだ」とは断定できない。
本やテレビの宣伝では「これ一つでOK」と昔からやっているが、
そんなに簡単に説明すること自体、私には信用できない。
一言では言えないが、学びは学び取る以外にないことは確かだ。
それがどういうものか、本に書き切れてないことを、今週は少しずつ考えてみよう。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: 一旦クレンズして、残ったもの…

> わかる気がします。
> この仕事をして、10年以上、人から質問されることが増えました。
> たぶん、周りからみて、何かひっかかるものがあるのでしょう。
> なんで?どうして?理由は?やり方は?
> 共通していることは、とにかく簡単に良いところをまとめて、それができるベストな方法を教えて。ということ。
> でも、私が聞きたいです。毎日毎日、考えて、やってみて、また変えて、の繰り返し。
> 一対一の関数をつくってるんです。
> でも、まだまだ一対無限です。
>
> で、ふと3年前、セドナに行きたいなと思ったんです。ネイティブアメリカンの聖地。アリゾナの大自然を神として生きる人々にあってみたいなと。大自然をハイキングや、YOGAで満喫して、夜、スウェットロッジというインディアンの子孫のラヒリオさんの儀式に参加しました。
>
> スウェットロッジとは、母親の胎内に戻ることを意味するそうで、小さなテントのような場所に入り、日を炊いて、不思議な音楽と、ハーブの臭いの中で、汗だくになります。そこで、祈りを捧げて産まれる前に戻る儀式です。
>
> セドナのボルテックスは、パワースポットというけれど、パワーをもらうのではないそうです。
> 身体の中に日々溜め込んだものをすべて大地、空、水に返す場所。今の人は、いろんなことを詰め込むことで苦しんで、わからなくなり、また詰め込んで解決しようとするから何もかもがわからなくなるそうです。
>
> インディアンは無用な狩りはしない、自然の命を分けてもらって生きる。すべてに感謝して、今ここにいることが感謝なんだと。
>
> だから、一旦、心も身体もクレンズして、空にして何から入れていきますか?と、自然と調和したなかで感じる、沸き上がる、あなた自身に何度でも立ち返ると言われました。
>
> で、感じたことは、なんにも残りません。
>
> ラヒリオさんによると、まだ、答えが見えてないからだそうです。これだけ残すものがあるのではなく、あなたにあるものは、残すものを探す力です。と言われました。
>
> なんどやっても、あなたは恐れずに全てクレンズする。と。なぜなら、そこに入れるものを見つける方法をしっているから。自然の法則があることを知っているから。といわれました。
>
> 普通は手放せないものが、多いそうです。
> でも、インディアンは自然の法則に従っていけば、ちゃんと生きていけることを知っているそうです。
>
> これが、関数なのかな?と思いました。どんなことも、精査していけば法則がでてくる。ちゃんとバランスがとれるはずなんだと。
>
> それを、下手に逆らうから崩れる、見えなくなるそうです。
>
> なんとなくわかるような?わからないような?
> とりあえず日々精進です…

何も削らずに書き写すよ。すばらしい・・ほぼ俺が考えていることと同じだ。
これはもう、毎日お前に書いてもらう方がいいんじゃないか?
まあ、今週は木曜まで4コマあるから、少しずつ書くけどね。
いつ帰ってくるんだ?居酒屋でもいいし、土・日なら
キセンボウで蕎麦食べながら、女将さんも入れて話するのもいいな。
プロフィール

河原

Author:河原
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR