FC2ブログ

敗戦に泣く

団体戦京都大会は春日丘中が優勝し、下京中が2位。
ものすごい接戦だったという。なぜだか初戦で春日丘と当たった黄檗中。
ハルは負けたがレイナが勝ち、ダブルスへ。春日丘だけには勝ったことがない。
土曜にトワとナツを叱っておいた。
山城大会で足を動かさず、手だけで打ちに行ってミスが多かったから。
少しフットワークをさせて「足から打ちに行け」と念押し。
そのあとの練習試合ではかなりよくなってはいた。
春日丘戦ではとてもよく動き、良く打ち合ったと報告があった。初めての勝利。
4・5番のオーダーが逆だったら黄檗が勝ったと思うが、マユとミユがやられて負け。
この時点では覚悟していたので皆元気だったろう。
敗者復活の初戦は下京に敗れた西の丘中。
今までの実績から京都のベスト4が初戦たら当たるのはおかしい気がした。
しかし仕方ない、西の丘とは今年4度目の対戦。
オーダーは山城大会決勝とほぼ同じ。
ハルは相手の第2エースに負け、レイナが取り返す。
ダブルスは勝って、マユがエースに負け、ラストがミユ。山城大会と同じ相手だ。
しっかり1・2セットを取り、第3セットではマッチポイントも握ったという。
最後の1本が取れず、そこからまさかの2-3で逆転負け。
泣きながらベンチに戻ったという。
「え?ミユが泣いたの?」 「大泣きしてた・・・」
5年間ミユを見ているが、負けて泣くのを見たことも、聞いたこともない。
ばつが悪そうにはにかむだけだったのに・・・
しかし、ほぼ全員の親が応援に駆けつけており、皆の強さを誉めてくれた。
ダブルスはついに春日丘に勝った。ミユ・レイナ・マユもずいぶん強くなった。
今までの「京都団体2位」はまぐれだったけれど、今では実力もついた。
負けたのは悔しいけれど・・・十分じゃないか。
来年の京都は強い選手ばかりになり、黄檗はハルが抜ける。
けれどミツキとユイカが上がってきて、ダブルスを鍛えている。
今年と同じく絶対的なエースはおらず、小兵ばかりだけど、
ダブルスが勝てば今年と同じくらいに強くなる。
よそのエースたちのように毎日何時間も練習はできないけれど、
その分一球一球に集中し、考え、工夫して強くなろう。
この悔しさも糧として、また1年頑張ろう。みんな、ご苦労様でした。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

河原

Author:河原
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR