FC2ブログ

自由度を上げるために

嵯峨野高校は試験が始まっているらしく、午後からヒロコが勉強しに来ていた3時過ぎ、
「こんにちわあ~~」っと、あゆ母さんが入って来た。ドイツから帰って来たらしい。
入ってくるなりゲタゲタ笑う。
「先生にドイツのピクルスを買って来たのに、家に忘れてきたあ~~♪」
・・・それはいいけどね。カメラを取り出して、100枚もの写真を全部説明し始める。
近代的な建物、古い建物、きれいな芝生と緑の木々・・・・
13年前に私が行ったミュンヘンとベルリンは違うけれど、風景はドイツらしさがある。
おんや?ある男との「ツーショット」がある。
「さど」という音楽家で、あゆ母さん、この人の「ドイツ公演」を追いかけて行ったのだ。
女子高生が「嵐いのち!」とばかりに追っかけるのと、何ら変わりがない。
写真の説明をしながら、母さんはまだ興奮状態だ。
音楽場の写真もあったが、ミュンヘンでは「タキシードとドレス」ばかりですごかったが、
ベルリンでは「普段着」ばかり。『くそお~、スズメになりそこなったか・・・』
学校からユウキやマスミも帰って来たので、母さんは大はしゃぎ。
「また行きたい!ユウキ!お金貯めて、一緒に行こ!ええでえ~~。
 私は働く!それで子供を食べさせるし、大学へ行きたかったらお金は出す。
 けれど、あとは知らん!残りのお金は全部自分で使う。子供には残さない。
 音楽を聴きに、ヨーロッパ中を回ってやるう~~!
 そういうことがきちんと出来るように、私まもっと賢くなりたい。
 先生、賢くなるほどに『自由度』が上がるな?人はそのために学ぶんやわ。
 私はまだまだ『不自由』。ユウキ!学べるときに、もっと学んどきや」

学んで賢くなるほどに自由度が上がる・・かあ・・・確かにそうかもしれない。
「子供のために」という「美名」の下、べたべたと子供に干渉し、縛り付けても、
「たいていうまくは行かない」ことを、あゆ母さんは悟ったのだろう。
「人生の方針はおおざっぱに決めてあげる」「飯は食わせる」「行きたければ、大学へも行け」
けれど自分の人生だから、自分で生きてゆけ。
人生の「重要な場面」だけは共に、正面から一緒に考えてあげる。
後は好きにしろ。私も自由に生きるから・・・・
あゆ母さん、そういうことが言いたかったのでは?私は・・・賛成だ。
ただ、「その見極め」が難しいのだ。
どの程度に飯を食わせ、どのような人生の方針を決めてやり、どのような場面で相談に乗ってやるのか。
それは私も毎日やっていることだ。
「どのようなものを、どれだけの量、どのようにその子に提示するのか。
 どのような時に、どこまでその子に関わるのがいいのか」
その見極めはとても難しく、何年やっていても、正解などない。
しかしそれでも賢くしてやりたい。その子の自由度を上げてやるために。

中3の授業を終えて、ナゴ・メイ・真子と一緒に帰る。
珍しくソウタも一緒に歩いて帰る。
2年前、何も出来ず黒板の前にただ立っていた頃は、私・親・学校・世の中に不満だらけだったろう。
それでいて「分からない自分」に怯え、人との話もうまく出来なかった。
まだ100点が取れるわけではないが、取れるようになれるかもわからないけれど、
数学をはじめ、どの教科も「分かる」ようになって来た。それは点数では測れない。
こわばっていた顔が、ずいぶん柔らかくなっている。
「芸能ネタ」ではあるが、歩きながら、女の子達と楽しそうに、雄弁に話をする。
ソウタがこれほど「おしゃべり」だったとは知らなかった。
ソウタの「自由度」は、確実に上がっている。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: 早くにお会いしたかったです!

読んでいただき、ありがとうございます。へえ~、こんな小さなブログなのに、検索で見つかるんですね。
御覧のように塾の宣伝をするわけでもなく、通ってくる生徒や親御さんを見つめ、好き勝手なことばかり綴っております。
近くに来られることがおありでしたら、遠慮なくお立ち寄りください。
教室に鍵はかかっておらず、おいしいコーヒーならいつでもご馳走できますよ。

わぁい!

わぁい!!色々とお話出来たら嬉しいです♪


母としてもまだまだ成長途中なので…(*^_^*)


子ども達と一緒に成長していきたいと思ってます!

Re: わぁい!

学ぶ気になれば、学びの場はどこにでもあるものですね。
この教室もその一つですから、いつでもお待ちしておりますね♪
プロフィール

河原

Author:河原
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR