FC2ブログ

絶対評価

私が生徒を見ているのは、すべて絶対評価だ。
テストの点や成績表も参考にはなるが、私の評価と大きく違うことも多い。
なぜそうなるかというと、それは見ている部分の違いがあるから。
小・中・高校までのテストは過去を問うものだ。
この二ヶ月ほどのことをどれだけ覚えたか、過去の姿勢を評価する。
なに、悪いことではない。小・中学とは基本を暗記する時期だから。
しかし私は生徒の未来をより多く見ている。
その未来のためには同じ暗記でも、その覚え方に違いがある。
将来道具として使う大切な知識だから、どうしまっておけば取り出しやすいのか。
それにはやはり「しまい方」がある。それは絶対評価でしかない。
丁寧にしまっておくには生徒の態度がすごく影響する。
態度は点数評価できない。できなくはないが、すぐに、その都度正すほうがいい。
どういう時間に、どういう態度で教室にやって来るのか、
黒板で問題を解くときの背筋の伸び方、目線などにもよくあらわれる。
そういうものを正していくと、ほとんどの子はよくなってくる。
時間はかかっても、その時間の長さにイライラしても、たいてい良くなる。
そういうことが私の教育方法だ。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

河原

Author:河原
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR